このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

どこでも使えるエプソンダイレクトのオールインワンPC「Endeavor PT110E」を検証! ― 第5回

ゲームが快適に遊べるか「ドラクエX」や「FFXIV」などのベンチマークをチェック

フルHDの21.5型オールインワン「Endeavor PT110E」のゲーミング性能を検証

2014年04月24日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フルHD対応の21.5型オールインワンPC「Endeavor PT110E」のゲーミング性能を検証

 バリバリと仕事をこなす人でも、ちょっとした息抜きにゲームをプレーすることもあるだろう。2D描画主体のシンプルなゲームならほとんどのPCで問題なくプレーできるが、人気のオンラインゲームを快適に遊ぶにはある程度の3Dグラフィックス性能が必要となる。だがビジネス向けPCの多くは、3Dゲームをストレスなくプレーできるほどの描画性能を持っていないのが現状だ。

 PCはあくまでもビジネス用途中心で、でもときどきゲームで遊びたいという人にはエプソンダイレクトの「Endeavor PT110E」をオススメしたい。豊富なBTOオプションからCPUにCore iシリーズを選択すれば、最新ゲームを快適に遊べる性能が手に入るのだ。そこで今回はEndeavor PT110Eで人気の3Dゲームをどこまで快適に遊べるのか、ベンチマーク結果を交えながら紹介しよう。

Endeavor PT110Eの試用機の主なスペック
CPU Core i7-4702MQ(2.20GHz)
メモリー 8GB
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4600(CPU内蔵)
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 21.5型10点マルチタッチ対応グレア液晶(1920×1080ドット)
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×5、HDMI出力端子×1、HDMI入力端子×1、VGA出力端子×1、シリアルポート×1、PS/2ポート×1
カードスロット メモリーカードスロット
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
本体サイズ/重量 約幅540×奥行き165×高さ406mm(設置角度15度の場合)/約5.7kg
OS Windows 8.1
エプソンダイレクト株式会社


(次ページ「内蔵GPUでも十分な3D性能」へ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン