このページの本文へ

目の前に3Dのゲーム空間が現れる時代がキタ!

PlayStation 4向けのVRヘッドマウントディスプレー「Project Morpheus」を開発中!

2014年03月19日 12時11分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは3月19日、PlayStation 4(以下、PS4)向けのヘッドマウントディスプレー「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」を開発中と発表した。発売時期、価格は明らかになっていない。

 Project Morpheusは、PS4の魅力を高めるバーチャルリアリティーシステム。バイザースタイルのヘッドマウントユニットを頭部に被ると、プレイヤーの目の前に迫力ある3D空間が出現する。

 本体内蔵の加速度センサーならびにジャイロセンサーに加え、PlayStation Cameraがユーザーの頭部の動きや位置を正確に検知。コントローラーで操作することなく、ユーザーの意のままに映像が360度、リアルタイムに変化する。これにより、ユーザーはゲームの世界に没入したかのような体験が可能になるという。

 またコントローラーを使用し、武器などを扱うゲームにおいては、ユーザーの手と武器を再現。実際に動かしながら戦うアクションを実現する。

 音響面では同社独自の3Dオーディオ技術を採用している。前後左右からの音に加えて、上下からの音(階段をのぼる音や上空を旋回するヘリコプターなど)も、ユーザーの頭部の向きに対応して変化する。

 詳細はスペックは以下の通り。なお、開発中のものであり、デザインおよび仕様は変更される可能性としている。

試作機の主なスペック
製品名 Project Morpheus
ディスプレー方式 液晶
ディスプレーサイズ 5型
解像度 1920×1080
水平視野角 90度
インターフェース HDMI、USB

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社