このページの本文へ

使う周波数を5GHz/2.4GHz帯に分けて利用できるデュアルバンドに対応

11ac準拠、最大速度867Mbpsの無線LANルーター「WRC-1167GHBK2」

2014年03月18日 17時23分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
IEEE 802.11acに準拠し、最大867MbpsでWi-Fi通信が可能な「WRC-1167GHBK2」

 エレコムは3月18日、IEEE 802.11acに準拠し、最大867Mbps(理論値)でWi-Fi通信が可能な無線LANルーター「WRC-1167GHBK2」を発表した。3月下旬発売予定で、価格はオープン。

 WRC-1167GHBK2は、5GHz帯(11ac)と2.4GHz帯(11n/g/b)のデュアルバンドに対応し、PCやスマートフォン、ゲーム機などで使う周波数を分ければ快適に通信できるという。ギガビットイーサネット対応の有線LANポートを4つ内蔵し、無線LAN機能がないデスクトップPCなどでもインターネット接続が可能だ。

 WPS機能に対応し、ボタンを押すだけでWi-Fi接続設定ができる。また、有線LAN機器の無線化が可能な「子機モード」や、伝送距離を延長する「中継機モード」を搭載。固定のIPアドレス契約なしでも、インターネット部からのURLによるアクセスが可能な無料DDNSサービス「クリアネットサービス」にも対応している。そのほか、「こどもネットタイマー」機能を使用すれば、インターネットの接続時間が限定できる。

Wi-Fi接続するゲーム機やスマホのインターネット接続時間を制限できる「こどもネットタイマー」機能を搭載。長時間のゲームプレイやインターネット接続からこどもを守れる

 専用アプリ「QR link」を利用し、同梱のQRコードを読み取れば暗号キーを入力しなくてもスマホやタブレットで接続設定が可能だ。加えて、付属のCD-ROM「かんたんセットアップツール」を使用すれば、Windowsでも簡単にインターネット接続設定が可能だという。また、Macでの設定方法を記載したマニュアルも用意されている。ACアダプター、LANケーブル、スタンドに加え、Android端末をウイルスから保護できるセキュリティーアプリ「イカロスモバイルセキュリティー for Android」の90日間無料の特別体験版も付属する。

 サイズは約幅26×奥行130×高さ182.5mmで、重さは約210g。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース