このページの本文へ

GIGABYTE「GA-B85N PHOENIX」

基板裏面がLEDで赤く光るユニークなGIGABYTEのMini-ITXマザー

2014年03月14日 23時25分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEから、基板裏面にLED発光ギミックを備えたユニークなマザーボード「GA-B85N PHOENIX」が発売された。

基板裏面にLED発光ギミックを備えたユニークなマザーボード「GA-B85N PHOENIX」がGIGABYTEから発売

 「GA-B85N PHOENIX」は、チップセットにB85を採用するMini-ITX対応マザーボード、特徴はなんといっても基板裏面のLED発光ギミック「Pulse LED」だ。パッケージのイメージ画像によると、基板の周囲を囲むようにLEDが配置され、起動時に赤く光るとしている。

 そのほか、「Ultra Durable(TM) 4 Plus」に準拠し、寿命5万時間のコンデンサーや低RDS(On)MOSFET、Dual UEFIなどを採用。USB 3.0ポートに独立ヒューズを採用するほか、静電放電保護機能や、PCの電源がオフでもスマートフォンの急速充電が可能な「ON/OFF Charge」機能や、USB DAC向けにノイズを抑えた金メッキ仕様の専用USBポート「USB DAC-UP」も搭載する。

基板裏面のLED発光ギミック「Pulse LED」。基板の周囲を囲むようにLEDが配置され、起動時に赤く光るとしている

 主なスペックは拡張スロットが、PCI Express(3.0) x16×1、Mini PCI Express×1(ハーフサイズ)、mSATA×1、メモリースロットがDDR3-DIMM×2(DDR3-1600/1333/10666、最大16GB)。オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット、8chサウンド、SATA3.0×3、SATA2.0×1、eSATA×1、USB 3.0×4などを装備。I/O部にはグラフィックス出力機能としてDVI-I、HDMIを備える。
 価格は1万1800円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店で販売中だ。

I/O部にはグラフィックス出力機能としてDVI-I、HDMIを備える

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中