このページの本文へ

タブレットも位置情報によるポリシー管理に対応、セキュリティを強化

HP、ビジネスノート「EliteBook」でLTE対応2モデルを発表

2014年03月17日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月14日、ビジネスノートPC「EliteBook」2機種で、LTE通信モジュール搭載モデルを追加すると発表した。また、LANDesk Softwareのクライアント管理/セキュリティ製品のライセンス販売も開始しており、ビジネスデバイスのセキュリティ強化を図る。

 今回、LTE対応モデルが追加されたのは、HD+(1600×900)14インチディスプレイ搭載のUltrabook「HP EliteBook Folio 1040 G1」(関連記事)と、12.5インチディスプレイ搭載のモバイルPC「HP EliteBook 820 G1 Notebook PC」。いずれもLTE対応モデルの販売開始は5月下旬。

今回、LTE搭載モデルが追加された「EliteBook Folio 1040 G1」と「EliteBook 820 G1 Notebook PC」(販売製品には日本語キーボードが搭載される)

 Folio 1040(LTEモデル)は、インテルCore i7 4600Uプロセッサーと256GBのM.2 SSDを搭載し、サイズはW338×D234×H15.9(mm)、重量は約1.49kgのUltrabook。プリインストールOSはWindows 7 Professional 64bit(Windows 8.1ダウングレード権適用)で、バッテリー駆動時間は約12時間となっている。価格は18万5000円(税抜)から。

 EliteBook 820(LTEモデル)は、インテルCore i5 4300Uプロセッサーと120GBのM.2 SSDを搭載し、サイズはW310×D215×H21(mm)、重量は約1.33kg。プリインストールOSはWindows 7 Professional 64bit(Windows 8.1ダウングレード権適用)で、バッテリー駆動時間は約7時間30分。価格は16万6000円(税抜)から。

 HPでは昨年夏より、Windows 8ビジネスタブレット「HP ElitePad 900」のLTE対応モデルを販売しており、これでLTE対応のビジネスデバイスは3機種となった。なお、ElitePad 900が対応するLTEキャリアはNTTドコモとauだが、Folio 1040とEliteBook 820については「現在キャリア側で接続試験を行っており、対応キャリアは近日中に発表予定」(日本HP)と述べている。

今回の追加により、LTE対応のビジネスデバイスは3機種となった

 また、LANDeskのクライアント管理/セキュリティ製品において、ElitePad 900に対応する「ジオフェンシング」機能が追加された。これは、GPS(A-GPS)による端末の位置情報に基づいて適用するセキュリティポリシーを自動的に切り替え、セキュリティを高める機能だ。なおHPでは今回の発表に合わせ、LANDesk製品のライセンス販売開始を決定している。

端末の位置情報に基づき、利用できるアプリや無線LAN、USBインタフェースなどを制限できる。同機能の利用には、LANDeskの「Management Suite」と「Security Suite」の両ライセンスを購入する必要がある

LTE対応は“デバイスセキュリティ強化の一環”

 今回発表されたLTE対応機種の拡充について、発表会に出席した日本HPの九嶋俊一氏は「デバイスセキュリティをより高めるための施策」だと説明した。

日本HP プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括 クライアントソリューション本部 本部長の九嶋俊一氏
タブレットの「ジオフェンシング」対応だけでなく、LTE対応もデバイスセキュリティ強化の一環である

 これは社外利用時に、モバイルデバイスの公衆無線LAN(Wi-Fi)への接続を禁止し、LTE閉域網への接続のみを許可することで、社内(ファイアウォール内)にいる場合と同等のネットワークセキュリティを担保するというものだ。

キャリアが提供するLTE閉域網への接続だけを許可することで、インターネットを経由することなく、ファイアウォールで保護されたイントラネットに接続できる

 「デバイスを社外に持ち出すことで“監視の目”がなくなり、従業員が故意のデータ流出をしやすくなる。そうしたことを防ぐためにも、Wi-FiやUSBインタフェースの無効化やLTE閉域網接続、ジオフェンシングは役立つ」(九嶋氏)

 九嶋氏はそのほか、Folio 1040やEliteBook 820が備える多要素認証機能(NFCリーダー認証や指紋認証)、BIOS保護/自動修復機能の「HP Sure Start」、LANDesk製品による管理/セキュリティ強化などを挙げ、こうした技術の搭載でより強固なデバイスセキュリティを実現していることを強調した。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ