このページの本文へ

88%以上のβテストユーザーが「満足」「概ね満足」

Citrix Cloud Platform採用の「GMOクラウドPublic ALTUS」開始

2014年03月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GMOクラウドは、Apache CloudStackベースのCitrix CloudPlatformをクラウド基盤に採用したパブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic ALTUS(アルタス)」を2014年3月25日より正式に提供開始する。

 GMOクラウドPublic ALTUSは、「標準化」「互換性」「拡張性」の3つのキーワードをコンセプトに設計されたパブリッククラウドサービス。基本性能は高く保ちながらも、他システムからの載せ替えや異なるクラウド基盤との連携性が高いのが特徴となっている。

 サービス名称の「ALTUS(アルタス)」は、「中層雲」を意味する英語名「Altostratus(アルトストラタス)」からの造語。現在提供しているクラウドサービス「GMOクラウド Public<リソース型>」と「GMOクラウドPrivate」の中間に位置する、中・上級者向けのサービスであることを表現しているという。

 第一弾としては、2014年1月28日から限定公開しているβ版で提供中の小・中規模のシステム開発・インテグレーター向けの「Isolate(アイソレート)シリーズ」を正式に提供開始する。リモートアクセスVPNを標準搭載しているため、プライベートクラウド環境に迫るセキュアな環境でのシステム構築が可能になる。

 Isolateシリーズのサービス構成は「仮想サーバー」「仮想ルーター」「ルートディスク」を標準で提供し、必要に応じて「データディスク」「バックアップストレージ」「オプション」をオプションとして追加できる。Apache CloudStack基盤のパブリッククラウドサービスでありながら、最小構成なら月額1891円(税込)~と「国内最安級」を謳う料金で利用可能。また、サービス構成の基準となる仮想サーバーも全27タイプと用意しており、必要なメモリとCPUから最適な仮想サーバータイプを選択できる。

Isolateシリーズのサービス構成

 なお、β版でのアンケートでは、パフォーマンスやプラン(CPU/メモリ)展開において満足度が高く、特に回線速度、サーバー処理速度、ストレージ処理速度においては、それぞれ88%以上のユーザーに「満足」「概ね満足」という回答を得たとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ