このページの本文へ

宅配サービス利用のきっかけ、「チラシ」からが3割

文●通販通信

2014年03月05日 01時11分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image 日本生活協同組合連合会は3月4日、宅配サービスの利用経験があり、子どもと同居している20歳~59歳の女性1000人に対し、「宅配サービスに関する消費者実態調査2014」をモバイルリサーチで実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、宅配サービスを利用したきっかけは、「チラシ・パンフレット」(31.1%)、「妊娠・出産」(20.2%)、「近所の人のクチコミ」(16.6%)、「営業担当の熱意」(14.1%)、「家族に勧められた」(13.6%)となった。宅配サービスを利用している人の利用頻度は「週に1回以上」が72.9%だった。

 宅配サービスを現在利用している479人に「毎月購入しているもの」を聞いたところ、「冷凍食品」(68.7%)、「加工食品」(50.9%)、「肉類」(45.9%)、「野菜・キノコ類」(43.8%)、「魚介・海藻類」(42.8%)となった。

 また、宅配食品の魅力は「安全・安心」(32.5%)、「国産食品が揃っている」(23.9%)、「おいしい」(22.8%)、「無添加・無農薬が選べる」(16.7%)、「生産地・加工工場情報が分かる」(14.4%)、「新鮮」(17.7%)だった。

 調査期間は2月5日から7日。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く