このページの本文へ

すでにほとんど完成形! 予想以上に変わらない。

1本10円!? 貝印で65年前のカミソリを見た!

2014年03月04日 16時18分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「最高級品 貝印 長柄軽便カミソリ」。風格のある箱ですね

 貝印の本社ビルでは、コーナーを設けて同社の歴史を紹介しています。中でも面白いのはこちら。1949年に販売していた長柄カミソリです。

刃の部分には「KAI RAZOR BLADE」と表記

 65年前の製品ながら、今の長柄カミソリとほとんど変わらない! 昭和24年の時点ですでにほとんど完成形だったようですね。持ち手の金属の質感がクールです。

今でも安いことは安いですけど、「¥10」はやはり時代を物語ります。ちなみに現行ラインアップの「長柄カミソリ ビューティーM」は5本で158円です金属製の持ち手だと高級感がありますよね

 T字カミソリはこんな感じ。52年前の製品。最新の5枚刃のカミソリなんかと比べればさすがに時代を感じますが、使い捨てタイプのカミソリは今でも大体こんな感じですよね。「T型カミソリ」が製品名のようです。左側は長柄カミソリ。現代でも使い捨てカミソリは安価ですが、包装の「¥10」は当時の物価の安さを物語っています。今だと30円くらいでしょうか。

 他にも色々展示があって面白いので、機会がある方はご覧になってみてはいかがでしょう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン