このページの本文へ

LGエレクトロニクス「22MP65VQ-P」

目が疲れないLG製の新型22インチ液晶「22MP65VQ-P」が入荷

2014年03月01日 23時40分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LGエレクトロニクスから、眼精疲労を抑えるAH-IPSパネル採用の22インチ液晶ディスプレー「22MP65VQ-P」が登場。ドスパラ パーツ館とBUY MORE秋葉原本店で販売中だ。

眼精疲労を抑えるAH-IPSパネル採用のLGエレクトロニクス製22インチ液晶ディスプレー「22MP65VQ-P」

 発売されたのは「MP」シリーズに属する新モデル。眼精疲労の原因とされるブルーライトを抑える「ブルーライト低減モード」と、ちらつきを抑える「フリッカーセーフ」機能を搭載するのが特徴で、パネルには視野角の広いAH-IPSを採用する。
 LEDバックライトの採用や、入力信号増幅とパネル開口率を上げる技術を組み合わせた「SUPER Energy Saving」機能により、輝度の低下を抑えつつ、省電力駆動を実現したのもウリ。加えて本体サイズは500(W)×188(D)×380(H)mm(スタンド装着時)で、ベゼル最小幅わずか約10.5mmとなる狭額縁デザインもポイントだ。

視野角は水平/垂直178度。ベゼル最小幅わずか約10.5mmとなる狭額縁デザインもポイント

 そのほか主なスペックは、最高解像度1920×1080ドット、表示色数約1677万色、応答速度5ms(GTG)、コントラスト比最大500万:1、輝度250cd/m2、視野角は水平/垂直178度。インターフェースはHDMI×1、DVI-D×1、D-sub×1。
 価格は1万7980円で、2画面表示を簡単に設定できる「デュアルスマートソリューション」ソフトウェアが付属する。

インターフェースはHDMI×1、DVI-D×1、D-sub×1。パネルには視野角の広いAH-IPSを採用する

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社