このページの本文へ

マーケットアプリの「Tapnow Market」や日本語入力アプリ「Simeji」がプリインストール

4コアCPU搭載で約1万円! コスパ最強な7型タブレット

2014年03月01日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラブランドのオリジナルタブレット「Diginnos Tablet」シリーズに新モデルが登場。クアッドコアCPUを搭載した7インチタブレット「Diginnos Tablet DG-Q7C」の販売がドスパラ各店ではじまっている。価格は9990円とお手頃だ。

コストパフォーマンスの高さが魅力の7型タブレットがドスパラブランドから発売。飾り気のないシンプルなパッケージが好印象だ
1万円を切る価格設定が最大の魅力。Google Playには非対応ながら、マーケットアプリはじめ必要なアプリはあらかじめインストールされている

 安価ながら、低消費電力かつ動画再生能力に定評のある「Allwinner A31s」(Cortex-A7+PowerVR SGX544MP2)を搭載。動画や電子書籍の閲覧など、気軽に使い倒せる普段着な普及モデルという位置づけだ。

 OSはAndroid 4.2。Google Playには非対応だが、マーケットアプリの「Tapnow Market」や日本語入力アプリ「Simeji」、ファイル管理アプリ「ES ファイルエクスプローラー」などがプリインストールされている。

リアカメラなどは搭載せずシンプルな背面パネル。インターフェースや操作ボタンは側面にまとめて配置されている

 ディスプレーは解像度1280×800ドット、メモリー1GB、内蔵ストレージ8GB、外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCが使用できる。ネットワークはIEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応、30万画素のインカメラやminiHDMI端子も備える。

 本体サイズは幅116×奥行き191×高さ8.3mmで、重さは約250g。バッテリーは2800mAhで、駆動時間は約3.5時間とされる。

【取材協力】

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ