このページの本文へ

接続先Wi-Fi APの制限機能とあわせ、PCの情報漏洩防止を強化

PC社外利用時にはVPN接続を強制、日立Sol「秘文」最新版

2014年02月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日立ソリューションズ(日立Sol)は2月27日、モバイルPCのネットワーク利用を制御するセキュリティ製品「秘文 AE AccessPoint Control(秘文 AE APC)」の最新版(Ver.10-10)を発表した。モバイルPCを社外ネットワークに接続する際に、強制的にVPN接続を実行する機能が追加された。

 秘文 AE APCは、企業向け情報漏洩防止ソリューション「秘文シリーズ」の製品。同製品ではすでに、会社が許可したWi-Fiアクセスポイントのみ利用可能にする機能が提供されている(関連記事)。しかし、モバイルワークスタイルの浸透により、公衆無線LANや3G/LTE回線、ホテルの有線LANなどの社外ネットワークを利用する機会が増え、セキュリティポリシーの徹底が難しいことから、今回のVPN利用強制機能が追加された。

 今回の機能追加により、社内では安全なWi-Fiへの接続が、また社外ではVPN利用が強制される。なお、セキュリティポリシーは利用場所に応じて自動的に切り替えられる。

「秘文 AE AccessPoint Control」の機能概要

 秘文 AE APCの価格(税抜)は、1ライセンスあたり3000円。最新版は3月31日から販売される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ