このページの本文へ

日本上陸(?)のスマホも続々発表! MWC 2014レポ ― 第9回

日本上陸は一体いつだ!

【最速現場レポ】Xperia Z2の実機を触りまくってきた!

2014年02月24日 19時20分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ついに公開されたソニーモバイルの次期フラグシップ機の「Xperia Z2」と「Xperia Tablet Z2」。遙か遠くスペイン・バルセロナでの発表会会場、世界に先駆けて触ることができたので、フォトレポをお届けしよう。なお、スペックなどの詳細はこちらの記事を参照してほしい。

発表会会場から撮りたてホヤホヤの「Xperia Z2」と「Xperia Tablet Z2」の写真をお届け

世界が待ち望んだ次世代フラグシップ
「Xperia Z2」

5.2型のフルHDディスプレーを搭載する、Z1の後継機。スペックはCPUが2.3GHz動作のクアッドコアCPU(Snapdragon 801)、メモリーが3GBと、もちろんハイエンド
リアカメラは約2070万画素CMOSで、ソニーのExmor RS for mobileが採用されているので、高精細かつ高画質デジタルノイズキャンセルを搭載し、さらにハイレゾ音源にも対応しているのがソニーらしい
盗難防止用のカバーでガッチリとロックがかけられているが、アルミシェル採用なので丈夫で薄い
Xperia Z1の象徴である、側面の金属フレームとアルミ削りだしの電源ボタンは健在。さらにシャッターボタンも引き続き採用されている。カメラを多用する人にはうれしい
ビデオはなんと4K解像度での録画が可能になった。これをMHLなどで4K対応テレビに出力して見ることもできる。動画撮影がさらに一歩進んだ感じだ

10型のXperia Tabletも進化!
「Xperia Z2 Tablet」

10.1型のサイズは「Xperia Z Tablet」から変わらない
タブレットとしては世界最薄という6.4mmを実現している
上下はこの通り。下部には充電端子があり、充電クレードルに対応する
防水対応だけでなく、タブレットとしては初めてデジタルノイズキャンセリングを採用し、騒音を約98%カットするという
大きいけど軽量なのがZ2 Tabletの特徴。なんとWi-Fiモデルで426g、LTE/3Gモデルで439gを実現した。このように片手で持ってもまったく疲れない

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART