このページの本文へ

ブラウザからPowerPoint/PDFファイルの検索とプレビュー、ダウンロードが可能

IIJ、ドキュメント全文検索ソフト「SlicePoint」を発売

2014年02月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2月18日、PDFやPowerPointなどの社内ドキュメントを全文検索するソフトウェア製品「SlicePoint」を発売した。オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド(IaaS)のいずれの形態でも導入可能。

 SlicePointはユーザーが登録した大量のドキュメントファイルについて、Webブラウザから、タグ、作成者や登録者などの属性情報、内容全文に基づく検索ができるソフトウェア。検索でヒットしたドキュメントは、全ページをオンラインでプレビューすることができる。登録できるファイルはpptxファイル(Windows版PowerPoint 2007以降)とPDFファイル。

SlicePointの利用イメージ
オンラインプレビューのイメージ。ヒットしたドキュメントのリストとページ、ページのみなど、3つの表示モードがある

 ファイルのダウンロードは単一ファイルのほか、まとめてダウンロードすることも可能。選択したページのサムネイルを作成してファイルをダウンロードすることもできる。そのほかにドキュメントの公開範囲指定、レイティング、ユーザーのグループ化、Active Directory認証連携などの機能も備える。

 ライセンス費用はユーザー数ベースとなっており、月額1万6000円(税抜、50ユーザーまで)から。初期費用は無料。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ