このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

GeForce GTX 770M搭載のハイスペックモデル 「dynabook Qosmio T974」 ― 第2回

イケてるのは外見だけじゃない!

東芝の作る赤いゲーミングノート「dynabook Qosmio T974」

2014年02月28日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲーミングPCといえば、赤だ。メタリック素材とイルミネーションで派手に飾り立て、音にもこだわる。ノートPCといえども迫力あるプレイ画面と効率的に戦える操作性のために、フルサイズのキーボードと大型ディスプレーは欠かせない。こうした要素を盛り込んだゲーミングノートPCといえば、たいていは直販系メーカーが手がけているもので、国内大手メーカー製のものはあまり多くない。そうした中、東芝が打ち出したのが「dynabook Qosmio T974」だ。

 黒っぽいダークシルバーの筐体に赤いメタリックパーツをあしらい、キーボードバックライトも明るめの赤いものを搭載。東芝の標準壁紙が赤基調であることもあり、起動すると全体的に派手な赤が目立つ。それでいて、基本的なボディデザインはスタンダードで、複雑な凹凸もない。ゲーム初心者にもチャレンジしやすいゲーミングノートに仕上がっている。

「dynabook Qosmio T974」

 前回はその外見やインターフェースを中心に紹介したが、今回は実際の使い勝手とともに、ベンチマークによる性能評価を行おう。

主なスペック
製品名dynabook Qosmio T974/97K
型番PT97497KBXBW
CPUIntel Core i7-4700MQ(2.40GHz)
メインメモリー16GB
グラフィックス機能NVIDIA GeForce GTX 770M
ストレージ1TBハイブリッドドライブ(HDD+SSD)
通信機能10/100/1000BASE-T LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0
インターフェースUSB 3.0端子×4、HDMI出力端子、約92万画素Webカメラなど
メディアスロットブリッジメディアスロット
本体サイズ/重量約418.4(幅)×272.5(奥行)×30.3~43.5(高さ)mm/約3.4kg
OSWindows 8.1(64bit)
東芝ダイレクト


 (次ページ、「安定した動作と大型画面+フルサイズキーボードでゲーム以外でも快適」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー