このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

5000人の人員削減も明らかに

「VAIOのソニー」から「Xperiaのソニー」へ テレビは分社化

2014年02月06日 21時37分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
急きょ説明会へ出席した平井一夫CEO

 ソニーが2月6日、2013年度第3四半期の連結業績説明会を開催。平井一夫社長 兼 CEOが登壇し、説明会に先立って公開していたPC事業の収束についての詳細を語った。

「ソニーのVAIO」は2014年春モデルで収束

 すでに日本産業パートナーズ(JIP)と譲渡に関する意向確認書を締結済みで、2014年3月末までにPC事業を正式に譲渡する予定だ。譲渡後は、JIPが設立する新会社が「VAIO」ブランドでPCを企画、設計、開発していく。販売済み商品のアフターサービスについては、引き続きソニーが提供していくとした。

 ソニーのVAIO担当者については、新会社での雇用が提示されることも明らかになった。もっともこれは一部(平井CEOは、250〜300名程度とした)で、ソニーグループ内他部署への配置転換や、社外への転職を支援する「早期退職支援プログラム」も計画しているという。

 新会社は、現在ソニーPC事業の中心となっている長野県安曇野市の長野テクノロジーサイトを拠点として事業を展開していく。設立後、まずは日本の市場向けに“適切な事業規模”で、個人向けおよび法人向けPCを提供していくとした。詳細な事業計画については、続報を待ちたい。

モバイル分野は「Xperia」で攻める

 平井CEOはPC事業譲渡の理由として、ソニー全体の事業計画、PC市場全体の構造が大きく変化していること、社員の雇用機会などを総合的に加味した上で、事業を譲渡するのが最善策と判断したと語る。また、グループ全体で収益の向上を目指すためには、注力するべき(将来的な収益源となる)商品カテゴリーを明確にし、絞り込んでいく必要があることも繰り返し強調。

 モバイル分野においては、リソースを「Xperia」ブランドのスマートフォンやタブレットに集中させていく計画だ。ソニーによる「VAIO」は2014年の春モデルで企画、設計、開発を終了する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART