このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ ― 第35回

ASCII.jp編集部きっての辛党も「確かに辛い」と認めた味

マジで激辛!! 「明星 すこびる辛麺 激辛口カレーうどん」に悶絶

2014年02月05日 17時07分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
見た目は確かに辛そうな「明星 すこびる辛麺 激辛口カレーうどん」。その実力やいかに

本当に「激辛」なのか?
そこに白黒を付けてみよう

 今日、“激辛”をうたうカップ麺は多い。だが、食べてみて「うわっ、辛い!」と思えるものは、残念ながらそれほど多くはない。大半は「確かに辛口だけど、激辛というには……」といったレベルのもので、辛党の人にしてみれば「そもそも辛くない」と一蹴したくなるだろう。辛党を唸らせ、非・辛党を悶絶させるような商品は世に出ているのだろうか。それを確かめるのが今回のアスキー・ジャンク部の趣旨だ。

 取り上げるのは先月27日に出たばかりの、明星食品「明星 すこびる辛麺 激辛口カレーうどん」。唐辛子の辛さを表す単位であるスコビル値をブランドネームに取り入れ、究極の激辛味覚を訴求するというカップ麺シリーズ「すこびる辛麺」の新商品である。

パッケージはこんな感じ。色使いといい、左側の警告文といい、なかなかデンジャーな感じだイメージキャラクター(?)のスコデビルくん。ゆるキャラ的な存在なのかもしれないが、油断ならない風貌

 公式によると、ポークだしにスパイシーなカレーを合わせ、ハバネロと一味唐辛子で突き抜けた辛さに仕上げたカレー味のスープに、オニオンとローストガーリックを効かせた特製の「カレーオイル」を別添。刺激的な辛さになっているという。そんなわけで、さっそくジャンク部が挑んでみることに。

食べるのはアスキー・ジャンク部から、親知らずを抜歯したばかりのコジマ。大丈夫なのか、病み上がりにこんなものを食べて

 食べてみた感想だが……辛っ! 正直に言おう。これはかなり辛い。ピリピリと舌を刺すような刺激は、言うだけのことはある、と思えるほど。ふっくらとして厚みがあるうどんの麺にスープが絡み、辛い。スープ自体も、もちろん辛い。結果、やっぱり辛い。

辛い食べ物は好きだが、辛さ自体には弱いコジマのリアクションをご覧ください

 とはいえ、そんなに辛さに強くない筆者が過剰反応している可能性もある。そこで、編集部一の辛党であるニシマキに味の評価を求めたところ、「しっかりとした辛さを感じます。その点に関しては合格ですね」と太鼓判を押した。やっぱり、辛いのである。

編集部きっての辛党・ニシマキにも試食してもらった。中華ではラー油、和食では七味唐辛子で丼の中を地獄にする、自他ともに認める超辛いもの好きの評価は?
「ちゃんと辛いのがいいですね! 納得です」とこの笑顔。「辛党の人でも認める刺激はあると思いますよ。もっと辛いと、なお嬉しいですけど」と強烈なコメントを残す

 しかし、味に関しては手放しで褒められないのも正直なところ。惜しむらくは、「カレーうどん」とうたっているにも関わらず、いまいちカレーの風味が弱いこと。また、これは特にスープに顕著なのだが、辛さを優先した結果なのか、いささかコクが不足している。そのため、辛さは十分だが、味が薄いとも感じてしまうのだ。

 ただ、激辛をウリにする商品がとかく味付けを濃く仕上げ、辛いというよりも塩辛いものにすることが多い中で、シンプルに辛さが際立つ味を作り上げたのは評価されてもいいはず。「しょっぱい」のではなく、ちゃんと「辛い」のだ。その点においては、辛党なら見逃せない一品といえるだろう。

一方、完全にグロッキー状態と化したコジマ。ラッシーを飲むかのごとく、自動販売機で飲むヨーグルトを買って舌に残る辛さを和らげていた。写真ではわかりにくいが顔中汗びっしょりで、編集部の皆に「シャワーでも浴びたの?」と不審がられていた

 というわけで、今日のジャンク部は明星 すこびる辛麺 激辛口カレーうどんでした。ごちそうさまでした。

ごちそうさまでした

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社