このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

GeForce GTX 770M搭載のハイスペックモデル 「dynabook Qosmio T974」 ― 第1回

知る人ぞ知る東芝のゲーミングPCをレビュー

東芝のゲーミングノート「dynabook Qosmio T974」はカッコイイ!

2014年02月14日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝のノートPCといえば、比較的大人しいイメージがある。近年は特にUltrabookやスリムノートに力を入れていることもあり、ビジネスにもプライベートにも活躍できるという雰囲気のものが中心だ。しかし、そうした流れに乗らない製品も実はある。その1つが「dynabook Qosmio T974」だ。

 「dynabook Qosmio T974」は直販サイトである「東芝ダイレクト」専売モデルで、量販店の店頭などでは購入できない。それどころか、東芝のノートPCラインアップにも掲載されておらず、知る人ぞ知るモデルとなっているのがおもしろい。その正体はグラフィックス性能を強化し、ゲームプレイに適した大型ノートPCだ。

「dynabook Qosmio T974」

 今回は、「dynabook Qosmio T974/97K」のMicrosoft Office非搭載モデルを試用してみた。Core i7-4700MQにNVIDIA GeForce GTX 770Mを組合わせたゲーミングPCだ。

主なスペック
製品名dynabook Qosmio T974/97K
型番PT97497KBXBW
CPUIntel Core i7-4700MQ(2.40GHz)
チップセットMobile Intel HM86 Express
メインメモリー16GB
ディスプレー(最大解像度)17.3型ワイド(1920×1080ドット)
グラフィックス機能NVIDIA GeForce GTX 770M
ストレージ1TBハイブリッドドライブ(HDD+SSD)
光学ドライブブルーレイドライブ(BDXL対応)
通信機能10/100/1000BASE-T LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0
インターフェースUSB 3.0×4、HDMI出力端子、約92万画素Webカメラなど
メディアスロットブリッジメディアスロット
テレビ機能-
サウンド機能harman/kardonステレオスピーカー
本体サイズ/重量約418.4(幅)×272.5(奥行)×30.3~43.5(高さ)mm/約3.4kg
バッテリー駆動時間約3.5時間
OSWindows 8.1(64bit)
OfficeソフトMicrosoft Office Home and Business 2013
主要ソフトSkype録画アプリ(Corel Video Studio)、Skypeらくらくナビ、RZスイートExpress、思い出フォトビューアー、PC引越しナビなど

カーボン調のトップカバーとメタルレッドのコントラストがカッコイイ

 17.3型ディスプレー搭載の「dynabook Qosmio T974」は、ボリューム感のある外見をしている。サイズは約幅418.4×奥行き272.5×高さ30.3-43.5mmで、重量は約3.4kg。据え置きで使うと考えれば特に大きすぎるという印象はないが、室内といえども気軽に移動させながら使うスタイルには向かないだろう。

 しかし据え置きで使うと、この重さがほどよい安定感につながる。丁寧に角を取った、少々ずんぐりとしたシルエットは、ディスプレーを開く時にはもちろん、キーボードを使う時などにも手のひらや手首に角が当たって気になることもない。少々手荒なタイピングをしても本体がぐらつくこともなく、気持ち良く使える。

 カラーネームはダークシルバーということになっているのだが、トップカバー等の色は黒に見える。トップカバーとパームレスト部にはカーボン調の網目パターンが刻まれており、指紋などは目立たない。トップカバーのロゴ部分と、側面をぐるりとまわる部分がメタリックレッドになっており、なかなか格好がよい。黒と赤のコントラストが、ゲーミングPCらしさを感じさせてくれる。

カーボン調のテクスチャが施されたトップカバーに、赤いロゴが光る
側面はぐるりと1周メタルレッドが配されている
東芝ダイレクト


(次ページ、「赤く輝く英語キーボードもカッコイイ」に続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー