このページの本文へ

e-SPORTSの聖地「e-SPORTS SQUARE AKIHABARA」が開店

2014年01月24日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 e-SPORTS専用施設「e-SPORTS SQUARE AKIHABARA」が24日秋葉原にオープンした。場所はアキバナビスペースの向かいにあるBox‘R Akibaの2階。関連企業やゲストを招待してのオープニングイベントが行なわれたので、どんな施設で、なにを目指しているのか取材してきた。

アキバナビスペースの向かいにe-SPORTS専用施設「e-SPORTS SQUARE AKIHABARA」がオープン

 同施設は、2011年11月に千葉県市川市にオープンした「e-SPORTS SQUARE」が秋葉原に移転し、リニューアルオープンしたもの。快適なゲームプレイをサポートするゲーミングスペースはもちろん、大会用のステージや実況席、ウェブへの動画配信設備、そしてカフェスペースまで備える本格的なゲーミング施設となる。

大型モニターや照明、音響設備を備えたメインステージ。大会などで選手にスポットを当てた演出が可能ゲームプレイの途中で小腹が空いた時に利用できるカフェスペース。ゲームはプレイせず飲食のみの利用も可能だ
ゲーミングエリアにはマウスコンピューター製のハイスペックPCと、PS3などのゲーム機が並んでいるシートもスポーツカーのレカロシート風の本格的なもの
大会で使用するブースは、チーム間の会話が相手チームに漏れ聞こえないように、背面以外がアクリルで覆われている。外部の音も遮断されるのでプレイにも集中できる
個室のVIPルームもある。会場内の様子はモニターで確認できる

e-SPORTSの定着が目的
多数のゲストが登壇したオープニングイベント

オープニングパーティで挨拶をする三光パートナーズ取締役の山本紘章氏。e-SPORTSを通じて次世代を担う青少年の健全な育成に貢献したいと語った日中韓のe-SPORTSが目指すものについてのパネルディスカッション。登壇者は左からドワンゴ取締役の夏野剛氏、中国NEOテレビプロデューサー林雨新氏、韓国ONGAMENETプロデューサーウィ・ヨンクワン氏、MAD CATZ所属プロゲーマー梅原大吾氏、e-SPORTS SQUAREディレクター金聖桓氏(女性は通訳)
「StarCraft II」の日韓対抗デモンストレーションマッチに参加する日本チームDetonatioN所属のゲーマーvaisravana氏。韓国チーム サムソン・ギャラクシー所属のStork氏とオンライン対戦。対戦は実況中継され、Stork氏が勝利を収めた
来賓祝辞を述べるマウスコンピューター代表取締役社長の小松永門氏。同社のPCがゲーミングエリアで採用されている来賓祝辞を述べるEIZO企画部販売促進課課長の梶川和之氏。同社の液晶ディスプレーが施設内で使用されている
来賓祝辞を述べるロジクール代表取締役社長の竹田芳浩氏。同社のゲーミングデバイスが採用されている来賓祝辞を述べるウェブルート代表取締役社長の伊藤誉三氏。各PCには同社のネットセキュリティーが導入されている
e-SPORTS SQUARE AKIHABARA店長の井上隆三氏が、今後展開予定の企画を発表。アフター5にe-SPORTSを楽しむ社会人リーグの設立を目指すという
e-SPORTS SQUAREプロジェクトリーダーの北垣文江氏が、4つのプロチームで構成されるL.Jリーグの発足を発表
ウォーゲーミングジャパン代表取締役社長の川島康弘氏が、World of Tanksのコラボ企画「WoT総合火力演習第8回」を31日よりe-SPORTS SQUARE AKIHABARAで開催すると発表e-SPORTS SQUARE AKIHABARAを運営する三光パートナーズ代表取締役社長の鈴木文雄氏が「情報発信力のある秋葉原で、e-SPORTSを日常的なものとして習慣化していきたい」と述べてオープニングイベントは終了した

店舗情報

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田3-2-12 Box'R AKIBAビル2F
電話番号:03-3525-8151
営業時間:11時~24時(年中無休)
ゲームプレイ料金:1時間400円~

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中