このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

共同無線タクシー、グリーンキャブ、大和自動車交通、チェッカーキャブ無線、日本交通、日の丸交通が対応!

現在地から一番近いタクシーをスマホで呼べる「スマホdeタッくん」

2014年01月21日 19時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマートフォン/タブレット向けアプリ「スマホ de タッくん」の提供が開始された

 日本マイクロソフトおよびハイヤー・タクシー協会が1月21日、新サービス発表会を開催。スマートフォン/タブレット向けアプリ「スマホdeタッくん」の提供開始を発表した。

 スマホdeタッくんは、ユーザーのGPS情報を元に最寄り地点のタクシーを呼び出せるアプリ。開始時点では、日本交通、大和自動車交通、共同無線タクシー協同組合、チェッカーキャブ無線協同組合が対応し、対応タクシー数は約6500台。対応地域は東京23区および武蔵野市、三鷹市となる。対応OSはiOS、Android 4.0以降、Windows 8/8.1。

 ユーザーが指定した情報(迎車情報)と、タクシーの動向情報はマイクロソフト製クラウドプラットフォーム・Windows Azureによってリアルタイムに収集・管理する。また、日本マイクロソフトがサービス運用の技術支援も担当する。

開始時点で、日本交通、大和自動車交通、共同無線タクシー協同組合、チェッカーキャブ無線協同組合、4月を目処にグリーンキャブおよび日の丸交通も対応

 4月までを目処にグリーンキャブおよび日の丸交通のタクシーも対応予定で、対応タクシー数は9183台(内訳:共同無線タクシー協同組合502台/グリーンキャブ965台/大和自動車交通2382台/チェッカーキャブ無線1150台/日本交通3281台/日の丸交通903台)になる予定だ。

 登壇した東京ハイヤー・タクシー協会 副会長 樽沢功氏によれば、今回のサービス開始は「タクシーの『流し』を削減し、配車を適正化することにより、省エネの効果も狙っている」という。また、時期・詳細は未定ながら、Windows Azureに収集した情報は、ビッグデータとして渋滞情報などに活用していく予定だとした。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART