このページの本文へ

世界的にモバイルアプリの利用が拡大、2013年は倍以上

2014年01月14日 14時30分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米調査会社Flurry(フラリー)が現地時間13日に発表したレポートによると、2013年の全世界でのモバイルアプリの利用は、12年に比べて115%増を記録。実に倍以上の利用があったという。

 アプリのジャンル別では、「News&Magazines(ニュース&雑誌)」は12年から13年にかけて31%の増加。「Sports , Health and Fitness(スポーツ、健康&フィットネス)」は同49%増、「Games(ゲーム)」は同66%増を記録した。「エバーノート(Evernote)」や「クイップ(Quip)」など「Utilities&Productivity(ユーティリティ&プロダクティビティ)」のジャンルは149%増と、前年比2.5倍の高い伸びを示した。

 最も成長が著しかったのは、203%増と3倍を記録した「Messaging and Social(メッセージング&ソーシャル)」のジャンル。「WhatsApp」や「WeChat」、「KakaoTalk」、「LINE」、「Facebook Messenger」、「SnapChat」といったアプリが多く利用された。13年はモバイルアプリの利用が飛躍した年となり、14年もその傾向が強まるだろう。

2012年から13年にかけて成長したモバイルアプリ

2012年から13年にかけて成長したモバイルアプリ

関連サイト
■米フラリー公式ブログ

カテゴリートップへ

ピックアップ