このページの本文へ

AMD「A10-7850K」、「A10-7700K」

“Kaveri”こと「A10-7850K/7700K」の販売が一斉にスタート!

2014年01月14日 22時07分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日1月14日(火)の14時01分、AMDの次世代APU「Kaveri」こと「A10-7850K」と「A10-7700K」の販売が一斉にスタートした。

AMDの次世代APU“Kaveri”こと「A10-7850K」と「A10-7700K」

 “Kaveri”は、既存モデル「Richland」の後継モデルとなる最新のAPU。CPUコアに第3世代Bulldozerマイクロアーキテクチャー「Steamroller」を搭載し、MantleやTrueAudioをサポートするGCN世代のGPU部を統合するのが特徴だ。詳細についてはCES2014での発表を参照していただきたい。

「A10-7700K」(左)と「A10-7850K」(右)
どちらもSocket FM2+対応で、TDPは95W、倍率ロックフリーの“Black Edition”となる

 店頭に並んだのは「A10-7850K」と「A10-7700K」の2モデル。どちらもSocket FM2+対応で、TDPは95W、倍率ロックフリーの“Black Edition”となる。
 主なスペックは、「A10-7850K」がコア数4、クロック周波数3.7GHz(ターボ時4.0GHz)、L2キャッシュ容量4MB、GPUコア数8、シェーダプロセッサー数512基、GPUコア最大クロック720MHz。「A10-7700K」が、コア数4、クロック周波数3.4GHz(ターボ時3.8GHz)、L2キャッシュ容量4MB、GPUコア数6、シェーダプロセッサー数384基、GPUコア最大クロック720MHz。

店頭販売分については、多くのショップで「Kaveri対応のBIOSアップデート済み」といったシールが貼られている

 また、Socket FM2+に対応したマザーボードは昨年より販売が開始されているが、基本的にはKaveriサポートのBIOSへアップデートが必須。店頭販売分については、多くのショップで「Kaveri対応のBIOSアップデート済み」といったシールが貼られているので、購入時によく確認しておくといいだろう。
 各ショップの価格および販売ショップは以下の通りだ。

ツクモパソコン本店で行なわれた発売イベントには約20名ほどのユーザーが訪れていた
価格ショップ
「A10-7700K」
¥19,980パソコンショップアーク
ソフマップ秋葉原リユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
BUY MORE秋葉原本店
パソコンハウス東映
¥20,980ZOA秋葉原本店
「A10-7850K」
¥21,980パソコンショップアーク
ZOA秋葉原本店
ソフマップ秋葉原リユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
BUY MORE秋葉原本店
パソコンハウス東映

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中