このページの本文へ

GMOのカートシステム導入店が年間総流通額1000億円超

2014年01月09日 08時48分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GMOインターネットグループのGMOメイクショップは、ネットショップ構築サービス「MakeShop(メイクショップ)」を提供している。メイクショップはネットショップの開店・運営に必要な機能を備えたASPのカートシステムで、これを導入するネットショップは2万2000店舗に及ぶ。

 そしてこのたび、メイクショップを導入するネットショップの年間総流通額(受注金額)が、2013年に1108億円を記録したと発表。1000億円を突破したのはネットショップASP業界初をうたう(同社調べ)。

 アスキークラウド2月号(13年12月24日発売)では、GMOインターネットの代表取締役会長兼社長で、連結71社のグループ代表を務める熊谷正寿氏のインタビュー記事を掲載している。28歳でボイスメディア(現GMOインターネット)を起業するまでの経緯や、経営者としての理念などが語られているが、自身のベンチャースピリットの原点は、常に「自分の挑戦によって、人に驚きや感動、喜びを与えたい」という思いにあるという。今回のメイクショップの実績はこうしたスピリットによる結果の1つであり、一方ではネットショップオーナーの夢の実現を後押しする取り組みとしても注目される。

メイクショップの事業規模の推移

メイクショップの事業規模の推移

関連サイト
■GMOメイクショップ

カテゴリートップへ

ピックアップ