このページの本文へ

12年美容ドリンク市場、4.6%増の1149億5000万円

文●通販通信

2014年01月09日 01時52分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image 総合企画センター大阪は1月7日、「美容ドリンク市場について調査」を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、12年度の美容ドリンク市場はアンチエイジング意識の高まりや“内外美容”の概念の浸透に伴い、ここ数年順調に拡大し、前年比4.6%増の1149億5000万円となった。効果・目的別で見た場合では、「美肌」と「老化防止」の2分野が順調に拡大した。

 美肌分野は、コラーゲン配合ドリンクの商品投入が引き続き活発化しているほか、プラセンタなどの台頭もあり、依然として伸びが著しい。一方、「老化防止」についてもレスベラトロールが注目されたことに加え、パセノールなどの新規成分が登場し拡大した。

 商品面では各社とも製品の差別化を図ろうと“高含有”“プレミアム化”による商品訴求力の強化が見られた。“高含有”は、配合成分の増量などが挙げられる。“プレミアム化”は、高級素材の使用や複数成分配合により高機能化が進められている。また、コラーゲンに次ぐ新規成分の開発も活発化し、プロテオグリカンやAGハーブMIXが登場した。

 ■「調査結果」(http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110140142

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く