このページの本文へ

[SEO] 中古ドメインへのGoogleペナルティ適用は永久ではない

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2014年01月05日 19時26分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

新規に取得したドメインを Internet Archive (archive.org)で検索すると、自分より以前に所有者が存在したことが判明する場合がある。SEO目的で中古ドメインを最初から狙っているか否かにかかわらず、こうした事実は起こりえるのであるが、仮に以前のドメイン所有者がブラックハット(blackhat)なSEO、ウェブスパムを実施していて Google からペナルティ(アルゴリズムによる自動/手動対策含む)を受けていた場合、それを引き継いでしまうことがありうるのか?

The short answer is that it depends. If domain hasn't really been on the web since 2001, I would expect any manual webspam actions to have expired a long time ago. It's possible that the domain did some things in 2001 that would lead to algorithmic ranking issues, but the web typically changes enough in ~12 years that I'd be surprised if you ran into issues. Typically when you buy a site and run into problems, it's because someone was spamming more recently with the domain. As Suzanne mentions, I'd register the domain in Webmaster Tools and check for any manual webspam actions just to be safe. Good luck! Matt [Matt Cutts, Google, Help me my newly purchased domain, Google Product Forum, December 2013]

米Googleマットカッツ氏をまとめると…

[手動対策(Manual Action)] ドメイン失効日から数年も経過しているものであれば、手動対策による影響を受けることはまずない。手動対策は一定の期間が経過すると自動的に解除されるため、2001年以降にウェブに存在しなかったドメインであれば、その手動対策は解除されているに違いない。

[アルゴリズムによる自動対策] 通常、12年も経過しているなら問題ない。Googleウェブマスターツールに登録して手動対策ビューアを確認すると良いだろう。


Can I buy a domain that used to have spam on it and still rank?

#

新規にドメインを取得する場合は、過去にそのドメインが登録されていたか、また、どのような目的のサイトが開設されていたのかを確認すると良いでしょう。

中古ドメイン狙いの場合は、慎重にその取得目的のドメインを調査すべきでしょう。中古ドメインという市場に流れてくるドメインには、曰く付きのものもありますし、中には PageRank やバックリンクを一時的に偽装して高値で売り抜けようとするものもあります。Googleにスパム認定されたSEO会社が仕方なく大量のドメイン契約を解除したという場合もあるのです。

また、過去にフィッシングサイトなどセキュリティ上の理由でGoogleがインデックスしないドメインもあります。セキュリティ対策を理由としてGoogleから排除されたドメインは基本的に年数経過では解除されなかったと記憶しています(※ 数件の事例報告を聞いたことがあります)。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング