このページの本文へ

Google、ガイドライン違反を繰り返すサイトには対処も厳しく

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2013年12月13日 06時57分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米GoogleウェブスパムチームトップのMatt Cutt氏は、一般論として同社ウェブマスターガイドラインの違反を何度も繰り返す場合は、より厳しい対処をすると説明した。

Googleはリンクの売買をしているサイトをガイドライン違反と判断するが、その違反が何度も繰り返されるようであれば、同社もより厳しい対処を行うという。この方針は当サイトでスリーストライク制として紹介した通り。

How can a site recover from a period of spamming links?

#
最近は、一般的な企業サイトでサイト丸ごとインデックスから削除されましたという話は滅多に聞かなくなりましたね。無茶をするアフィリエイターのサイトはよく削除されてるようですが。検索順位が1位から下落する度にアウトソース先のSEO会社を切り替えている企業様を見ていると、このガイドライン違反を繰り返す傾向が強いように思えます。SEOを勘違いしているんでしょうから、かわいそうとは思いませんが。

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. SEOはもう不要? それでもいまやるべきSEOの基本がわかる記事まとめ 51
  2. 用途別!WordPressプラグイン選びに迷ったら参考になる記事まとめ 17
  3. これから使い始めたいWebフォント&Google Font活用法まとめ 14
  4. 【週末まとめ読み】Bootstrapはもう古い!? 最新CSSフレームワークを試してみた 7
  5. もっと速く! Web制作の生産性ぐっと引き上げる最新便利ツールまとめ 7
  6. 商業写真で首切りと串刺しがダメな理由 2322
  7. 明朝体は絶滅するのか? AXIS Font生みの親の挑戦 2079
  8. アダルト検索エンジン「Boodigo」が公開 - 元Google社員ら立ち上げ 1587
  9. Apple Musicが流行らない理由をユーザー視点で考えてみた 1015
  10. 3限目:「看板」から学ぶ「見出し」の基本設計とは!? 640
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング