このページの本文へ

質実剛健&安心感たっぷりのエプソンダイレクト製PCをパワーアップしていく記録 ― 第3回

圧倒的な数値の差には、うっとりしてしまう

「Endeavor MR7200」にSamsung SSD×2を投入し超高速化!

2013年12月12日 11時00分更新

文● 柴田尚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Endeavor MR7200」

みんなの憧れSSDを導入してスピードアップ!

 これまで2回に渡ってエプソンダイレクトのデスクトップPC「Endeavor MR7200」の基本性能と内部構造のチェックを行なってきた。もうこれで準備万端というわけで、ここからは実際にパワーアップを行なう。HDDをSSDに換装し、起動の速度と操作時のレスポンスをアップさせるのだ。使用するのは、「Samsung SSD 840 EVO」の250GBモデルを2台だ。これをEndeavor MR7200のオンボードRAIDコントローラでRAID 0(ストライピング)化し、最高レベルのレスポンスを引き出すのだ。

Samsung SSD 840 EVO。連続読み出しが540MB/s、連続書き込みが520MB/sという高速さがウリだ

Endeavor MR7200にSSD装着の儀

 Samsung SSD 840 EVOは2.5インチタイプである。なので、実際にSSDを導入する際は、3.5インチサイズに変換するマウンタを使用する。ただし、Endeavor MR7200の3.5インチベイの下部には、2.5インチドライブをぶら下げる形で装着できるベイが備わっているので、SSDが1台ならばこちらだけでよいだろう。今回は2台使うため、このベイと変換マウンタとの併用となる。

Endeavor MR7200左サイドパネルを開いた状態。この右中央にある3.5インチベイにSSDを導入するのだ
Samsung SSD 840 EVOを、3.5インチベイに搭載するための変換マウンタに装着。底面からネジで固定するだけなので至極簡単である

 あとは、HDDを増設するときと同じように、マウンタ付きのSSDを3.5インチベイに装着し、3.5インチベイの下部にもう1台のSSDを装着する。既存のHDDのケーブルはひとまず外してしまい、SSDをSATAの0番と1番コネクタに接続。電源ケーブルを接続すれば準備は完了だ。

SSD2台を3.5インチベイに装着した状態。反対側のネジを止めるためには、右サイドパネルを開ける必要があることには注意

 あとは、BIOSを起動してSSDが認識されていることを確認し、RAID 0の設定を行なう。このあたりの設定の詳細は、製品に同梱されているマニュアルを参考にしてほしい。次回は、せっかくなので「Endeavor MR7200」をWindows 8マシンにしてしまおう!

Endeavor MR7200のおもな仕様
CPUIntel Core i7-4770(3.4GHz)
チップセットインテル H87 Express チップセット
メモリ8GB
グラフィックスIntel HD グラフィックス 4600
ストレージ500GB HDD
通信機能有線LAN(1000BASE-T)
インターフェイスUSB 3.0端子×4、USB 2.0端子×5、HDMI端子、ミニD-Sub端子、ヘッドホン、マイクなど
光学式ドライブDVD-ROMドライブ
本体サイズ/重量幅179×奥行き406×高さ368mm/最小重量9.9kg
OSWindows 7 Home Premium(64bit版)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン