このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

11ac対応超小型無線LANルータ「WRH-S583」レビュー

鞄に26gプラスするだけ! ホテルで433Mbps叩き出す方法

2013年12月16日 11時00分更新

文● 二瓶 朗 撮影●小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エレコム「WRH-S583」シリーズをレビュー

超コンパクトな11acルータ登場
世界最小級にして最速!

エレコムのホテルルータ「WRH-S583」シリーズ。エレコムダイレクトショップにて5985円

 エレコム「WRH-S583」シリーズは、宿泊先に設けられている有線LAN端子と接続し、超手軽に無線LAN環境を構築する、いわゆる“ホテルルータ”の最新型だ。

 IEEE 802.11ac(ドラフト)規格に対応する無線LANルータとしては世界最小クラスのコンパクトさを誇る。

 しかもコンパクトなだけではない。最大433Mbps(理論値)というホテルルータクラスとしては最速の通信速度を誇ってもいる。

 つまり、ホテルルータとしては事実上“最小&最速”という2冠を達成した、ガジェット好きな人の琴線をくすぐらずにはいられないアイテムなのだ。

「WRH-S583」シリーズの本体色はブラックとホワイトの2種類ラインナップ。お好みで選択してほしい
11ac対応ルータとしては最小クラスのサイズ。本体サイズは約36mm(W)×52(D)×16mm(H)で、重量はわずか約26g!

 ご存じの方も多いだろうが、11ac(ドラフト)規格では、5GHz帯(最大通信速度433Mbps)と2.4GHz帯(最大通信速度150Mbps)のどちらかを利用して無線通信する。11ac対応のデバイスでも、一部の機器ではいずれかの帯域にしか対応しないため、場合によっては通信できない事態が起こり得る。

 しかしこのWRH-S583シリーズは5GHzと2.4GHzの両帯域に対応。本体に搭載されているスイッチを切り替えることで、どちらの帯域でも利用できる。

 最近では11ac対応のスマホやタブレットも少なくない。もちろんこのWRH-S583シリーズで快適な無線LAN接続が可能なのだが、注目したいのはスマホ・タブレットからの設定に対応した専用アプリだ。同梱されている設定情報シートのQRコードを読み取るだけで設定が完了するから、パソコンを起動する必要もない。

本体にはUSBケーブルが直付けされている。これをPCまたはUSB給電アダプタに接続して給電するUSBケーブルを引き出すと、その裏に帯域切り替えスイッチ、WPSボタンが搭載されている
内蔵されているLAN端子。100BASE-TX/10BASE-T対応

 また、Androidスマホ/タブレット向けのセキュリティアプリ「イカロスモバイルセキュリティfor Android」の90日間無料シリアルキーも同梱されていて、最近何かと物騒なAndroid OS界隈のマルウェア脅威から愛用の端末を守ることだってできる。スマホやタブレットユーザーにとっても使い勝手が良いのがWRH-S583シリーズなのだ。

 次のページでは、WRH-S583シリーズの使い方を確認してみよう。

前へ 1 2 3 次へ

エレコム公式FBページ

プレスリリース