このページの本文へ

ASUS「Q87T/CSM」、GIGABYTE「GA-Q87TN」

Haswell対応では初の薄型Thin Mini-ITXマザーが2社から発売

2013年11月30日 22時43分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Haswell対応のマザーボードとしては初のThin Mini-ITXフォームファクターとなるASUS「Q87T/CSM」とGIGABYTE「GA-Q87TN」が発売された。

Haswell対応のマザーボードとしては初のThin Mini-ITXフォームファクターとなるGIGABYTE「GA-Q87TN」
a

 この製品は高さを抑えたオールインワンPC向け規格Thin Mini-ITXに対応するマザーボード。チップセットにQ87を採用したLGA 1150対応の製品で、“Haswell”ことインテルの第4世代Coreプロセッサーを搭載できる。

高さを抑えたオールインワンPC向け規格Thin Mini-ITXに対応
グラフィック出力にはHDMI/DisplayPortを備えるほか、高速デジタルインターフェース技術のLVDSもサポートしている

 両モデルともスペックは似通っており、拡張スロットがPCI Express(3.0) x4×1とMini PCI Express×2(GIGABYTE「GA-Q87TN」は1本)、メモリースロットがDDR3-SO DIMM×2(DDR3-1600/1333、16GBまで)。オンボードインターフェースには、デュアルギガビットイーサネット(Realtek+Intel)、8chサウンド、SATA3.0×6、USB 3.0×6など。グラフィック出力にはHDMI/DisplayPortを備えるほか、高速デジタルインターフェース技術のLVDSもサポートしている。
 販売しているのはパソコンハウス東映で、価格はいずれのモデルも1万9800円となっている。

ASUSTeK「Q87T/CSM」
Mini PCI-Expressはハーフとフルサイズの2本が用意されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中