このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第178回

iOS 7の文字が細いと思ったら、「文字を太くする」を試そう

2013年11月30日 15時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

なんだか文字が太くなっているような……? 今回はこの設定を紹介します

 早いもので、iOS 7がリリースされて2ヵ月が経つ。最初は様子見だったものの、そろそろiOS 6からアップデートした、という人も多いかもしれない。

 さて、iPhoneクラブではiOS 7での様々な使いこなしテクを紹介してきた。これまでに、「コントロールセンター」の使い方や(関連記事)、「AirDrop」などを説明してきたわけだが(関連記事)、まだまだ紹介していない細かい設定も多い。

 今回は、地味ながらUIを大きく変更し、人によって使いやすさに繋がる「文字を太くする」機能を紹介しよう。iOS 7はこれまでのiOSに比べ、フォントが細くなっているので見難いこともしばしばだ。「どうも見づらい……」と思っている人には試してほしい。

おなじみ(?)アプリ「設定」から「一般」→アクセシビリティ

 設定はいたって簡単だ。アプリ「設定」から「一般」をタップし、「アクセシビリティ」をタップ。「文字を太くする」という項目があるので、それをオンにしよう。この設定をオンにすると、iPhoneを再起動する必要がある。

「文字を太くする」をオンにする。設定を有効にするには再起動が必要だ

 これでどうなるか……というと、そのまんまなのだが、文字がわかりやすーく“太く”なるのだ。ロック画面だけでなく、ホーム画面の文字や設定アプリの項目も太くなる。

いきなりもうロック画面から文字が太い!
左が文字を太くした状態、右が通常時。太くした方が文字が見やすい、という人も多いのでは?

 iOS 7を使ってみたがどうにも目が疲れる、あるいはちょっと年配の人にiPhoneの使い方を教えるときなどには役立つtipsだ。再起動の手間を除けば難しい設定も必要ないので、気軽に試してほしい。

電話のキーパッドも太くなったりするほか、設定アプリの項目もご覧のとおり

このテクを使っている覆面:カリーさん

 非常に地味なテクニックだが、その割に見た目は大きく変わる。iOS 7になってどうも目が疲れる、画面が見にくくなったという人はぜひ試してみてほしい。ライターの仕事をしていると、30代でも目が霞んだり肩が凝ったりするし、視力は落ちる一方。こういう設定はありがたいんですよ、リアルな話……。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中