このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

え~ぶい! ― 第3回

Studio Aでいろいろな音の違いを試した

試練か至福か!? ラブライブ!で俺たちの耳力を判定

2013年12月05日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハイレゾ時代到来、アニソン好きの耳が確かめられるときが来た

 気付いたら、ハイレゾが大きな話題を集める時代がやってきた。ちょっと“通”になった気分で、パソコンに高級なUSB DACをつないだり、実売ウン万円の高級ヘッドフォンを買ってしまったりしている編集部員だが、機器の性能以前に、お前らの耳の性能どうなのよ? という疑問が生じるのもまた事実。

 一方で、素人耳にも圧倒的な差を感じるほど、音源あるいは機器による違いが出るのであれば、やっぱりハイレゾ、そして本格的なオーディオ機器のユーザーとしてデビューすべきときが来た……という結論になる。

 というわけで、発案したのがこの企画。都内のおしゃれスポット北参道に居を構えるハイエンドオーディオの体験スペース“Studio A”に編集部(付近をウロウロしている)メンバーが集合。当初はいまいちやる気を発揮しなかった面々だが、アニソンのハイレゾ化、さらには最近e-onkyo musicで配信が始まった『ラブライブ!』のSTUDIO MASTER版を話題に出したら、目つきが変わった。

 というわけで、今回はド級のハイエンドシステムで、ハイレゾの世界を堪能する。

音のよさが魅力の空間、Studio Aとは?

 オーディオアクセサリー・ブランドAcoustic Reviveが監修した“いい音を聴くためのショールーム”。予約(電話/FAX/メール)をすれば誰でも無料で利用でき、音楽の試聴や映像の鑑賞が可能。

●住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-12-10 アピカ原宿SEDU 103
 (地下鉄副都心線 北参道駅2番出口より徒歩1分)
●営業時間:13:00~20:00(定休:水曜)
●問い合わせ先:電話03-6434-9011、メール:info@std-a.info

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART