このページの本文へ

対応に高評価の声もちらほら

Adobeの個人情報流出のお知らせ、なぜかEvernoteから

2013年11月28日 15時50分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

単なるクラウドストレージではなく、スマホやノートパソコンを連携してノートを取るようにどこからでも利用できる「Evernote」

 11月28日、Evernote(エバーノート)のユーザー向けに「Adobe社の個人情報流出問題に関する重要なお知らせ」というメールが配信された。

ユーザーに届いた「Adobe社の個人情報流出問題に関する重要なお知らせ」

 アドビシステムズが不正アクセスによってユーザーの名前とAdobe ID、暗号化パスワードやクレジットカード番号といった顧客情報が流出したことが判明したのは10月3日。10月末にはネット上で流れる顧客情報を利用し、約3800万人にもおよぶユーザーアカウントに攻撃があったと発表された。

 内容は上記のメール文面のとおり。アドビから流出したデータに含まれるメールアドレスに、Evernoteの登録ユーザーが含まれているのを照合して発見、該当ユーザーに対しての注意喚起を行ったもの。Evernoteの顧客情報は流出していないとはいえ、複数のオンラインサービスをひとつのパスワードで済ませてしまうユーザーも多く、顧客への注意喚起としてはかなり珍しい対応と言える。しかも、メールではパスワードの更新を薦めつつも、パスワードリセット偽装にだまされないようにという注意書きもある。

 今回の事件で、(真偽はともかく)“Evernoteからメールは来たのに流出に関するメールがアドビから一度も受け取っていない”という声も多く聞かれた。顧客に対する姿勢としてEvernoteの対応を高く評価する声がある一方で、アドビの“あいかわらずユーザーに対してちょっと不親切”な面をあらためて実感したユーザーも多いようだ。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART