このページの本文へ

人工知能搭載のレーシングミニカーを支えるテクノロジー

STマイクロのSTM32、iPhoneで操作する人工知能搭載ミニカー「Anki Drive」のプロセッサに採用

2013年11月27日 19時50分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
STM32が人工知能搭載レーシングミニカー「Anki Drive」に搭載

 STマイクロエレクトロニクスは11月27日、同社の32bitマイクロコントローラー「STM32」が、米Ankiが発売する人工知能搭載レーシングミニカー「Anki Drive」に採用されたと発表した。

 「STM32」ファミリーは同社の組み込み型マイクロコントローラーで、ARM Cortex-MプロセッサーをベースにSRAM、ROM、I/Oを備え、クロック数/メモリ/電力消費などさまざまなバリエーションがあり、数100種類がラインナップされている。各種の産業用制御機械への組み込み用途からホビーレベルの自作マイコンボードまで幅広く利用されているベストセラー製品だ。

Anki Driveのミニカーは4種類用意され、モデルによって特性が違うようだ

 Anki Drive(アンキ・ドライブ)は、カーネギーメロン大学卒業生たちが立ち上げた会社Ankiの初製品となる対戦型ミニカーレースゲーム。iPhoneなどiOS機にインストールしたアプリから操作し、バッテリー/モーター駆動のミニカーを走らせるのだが、単なるラジコンと違ってコース(シートとして用意される)のレイアウトや同時に走行している他車をセンサーにより毎秒500回計測する。これにより走り込めばユーザーの走行パターンを学習して、コース取りがうまくなっていくという。また、同時に走っている他車を攻撃するといった機能もある。

入門セットにはコースシートと2台の車両、充電器が付属する

 STマイクロエレクトロニクスは、毎秒500回ものデータ分析、光学センサーの入力や無線通信、モーター制御などをリアルタイム行う2万行以上にもおよぶコードを走らせながらも電力消費を抑えるといったAnki Driveの制御にSTM32マイクロコントローラーが適した製品としている。

 Anki Driveは米国およびカナダですでに発売中で、レースコースとなるマット+ミニカー2台のセットが199ドル、車両は1台69ドル。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART