このページの本文へ

ASRock「C2750D4I」

SATAポート×12個のAvoton搭載Mini-ITXマザーがASRockから

2013年11月26日 23時08分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mini-ITXフォームファクターサイズながらSATAポートを12個も装備するマザーボード「C2750D4I」がASRockから登場。オリオスペックで販売がスタートした。

Mini-ITXフォームファクターサイズながらSATAポートを12個も装備するASRock製マザーボード「C2750D4I」

 「C2750D4I」は、Avotonことサーバー向けプロセッサー「Atom C2750」(8コア/クロック周波数2.40GHz/TB時2.60GHz/キャッシュメモリー4MB/TDP20W)をオンボードで搭載するMini-ITXマザーボード。特徴はAvotonオンボードはもちろん、計12ポートものSATAを装備する点だ。
 なお、SATAの内訳は、Atom C2750によるSATA3(6.0Gb/s)×2とSATA3(3.0Gb/s)×4のほか、Marvell“SE9172”によるSATA3(6.0Gb/s)×2、Marvell“SE9230”によるSATA3(6.0Gb/s)×4という構成。

計12ポートものSATAを装備。そのほか、デュアルギガビットイーサネット×2(Intel/i210)や、マネジメントLANポート×1も備える

 そのほかのスペックもサーバー向けモデルらしい作り。拡張スロットとしてPCI Express x8×1、メモリーはDDR3 DIMM×4(DDR3-1333/1600、最大64GB、ECCサポート)。デュアルギガビットイーサネット×2(Intel/i210)や、マネジメントLANポート×1、シリアルポート×1、USB2.0×2を装備。VGA機能(Aspeed/AST2300、DDR3 16MB)を内蔵し、出力はD-Sub×1を搭載する。
 価格は4万8800円。オリオスペックによると組み込み用として入荷したモデルながら、マザー単体でも販売中。今後、Mini-ITX対応ケース「ZNSC-800P」などを利用したBTOの販売も予定しているという。

いろいろ用途が思い浮かびそうなユニーク仕様のマザーボード。気になる人も多いかもしれない

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中