このページの本文へ

スマホの写真をどんどん保存できる「おもいでばこ」新モデル

2013年11月27日 10時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 バッファローから、デジカメ写真や動画データを管理するHDD内蔵ストレージデバイス「おもいでばこ」の新製品が発表された。12月中旬発売予定で、予想実売価格は1TB版(PD-100S/W-L)が3万円台後半、500GB版(PD-100S/W)が3万円前後となる。

外観は従来機種と同じ。背面端子も従来通りだ
外観は従来機種と同じ。背面端子も従来通りだ
背面のUSB端子にHDDを接続することで、自動的に写真がバックアップされる LAN経由でプリンターに直接写真を出力できる
背面のUSB端子にHDDを接続することで、自動的に写真がバックアップされるLAN経由でプリンターに直接写真を出力できる

 おもいでばこは、テレビ接続用のセットトップボックス型ストレージデバイスで、PCレスでSDメモリーカードの画像を取り込んで自動で整理し、テレビの大画面で確認できるのが特徴。また、外付けのUSB HDDへの自動バックアップ機能やエプソンの一部のプリンターからの出力など、拡張性にも優れている。

スマホアプリのカレンダー表示 ちなみに、こちらが実機(テレビ出力)のカレンダー表示
スマホアプリのカレンダー表示ちなみに、こちらが実機(テレビ出力)のカレンダー表示

 新機種はスマートフォンやタブレットからのデータ(フルHD解像度のサムネイル)の閲覧に対応。無線LANに対応しており、スマホに専用のアプリを導入することで、時系列のカレンダー表示やアルバム(任意および記念日による自動グループ分け)ごとの表示可能だ。

前面にSDメモリーカードスロットとUSB端子、ダイレクト取り込みボタンがあるが、USB端子に付属の無線LANアダプターを装着することで無線接続が可能となる 前面にSDメモリーカードスロットとUSB端子、ダイレクト取り込みボタンがあるが、USB端子に付属の無線LANアダプターを装着することで無線接続が可能となる

 接続には無線LAN環境(無線ルーター)が必要で、ダイレクト接続には対応していない。また、LANの外からのおもいでばこへのアクセスは行なえず、屋外などで写真を見たい場合は事前にスマホに写真データ(本データ)をダウンロードしておく必要がある。

スマホアプリから写真を選んでおもいでばこに転送できる

 もちろんスマホで撮った写真をおもいでばこに保存することも可能。スマホアプリから転送が可能なほか、USBケーブルで直接接続してデータを転送することもできる。

 専用アプリはiPhone、iPad、Android用を用意しており、新機種に対応する「バージョン3.0」は、iPhone/iPad用が12月20日頃、Android用が2014年2月頃から無償でダウンロードできる。

写真表示のUIを改善。従来より文字表示が大きくなっている テレビの簡易操作が可能なリモコンが付属。ちなみに、専用アプリにもリモコン機能を搭載
写真表示のUIを改善。従来より文字表示が大きくなっているテレビの簡易操作が可能なリモコンが付属。ちなみに、専用アプリにもリモコン機能を搭載
本機には撮影カメラ名などでフィルタをかける「しぼりこみ」といった機能があるが、スマホなどでは利用できない 本機には撮影カメラ名などでフィルタをかける「しぼりこみ」といった機能があるが、スマホなどでは利用できない

 このほか、テレビ表示機能も進化。UIが新しくなったほか、表示速度や操作性も改良されている。さらにリモコンが新しくなっており、新たにテレビの音量ボタンやチャンネルボタンを搭載することで、より操作しやすくなっている。


■関連製品

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART