このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第176回

iPhoneで指定したウェブサイトにしかアクセスできないよう制限

2013年11月24日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 スマホやタブレットがすっかり普及した感のある今日このごろ、小さい子供がいるご家庭などでは、iPhoneを渡してアプリで遊ばせたりするというケースもあるだろう。時には、「ちょっとネットで調べ物をしたい」といったことを言われる場合もあるかもしれない。

 しかし、ネット上には危険も多い。うっかりすると、不法な金額を請求されるようなサイトや、いかがわしいサイトなどにアクセスしてしまわないとも限らない。かといって、まったく触らせない……というのもなかなか酷な話ではある。

 そこで今回は、Safariで指定されたWebサイトのみにアクセスできるようにする設定を紹介しよう。

 まず「設定」アプリから、「一般」をタップし、「機能制限」をタップ。この際、機能制限をオン/オフにするためのパスコードを設定する必要がある。

「設定」アプリから「一般」→「機能制限」を選ぶ
「機能制限を設定」をタップ。この際、機能制限を設定するためのパスコードを設定する必要がある

 機能制限をオンにしたら、下の方にスクロールしていくと、「コンテンツ」の許可と言う項目がある。「Webサイト」をタップすると、「すべてのWebサイト」にチェックがついているはずだ。ここで、「指定されたWebサイトのみ」をタップする。

機能制限をオンにしたら、下の方にスクロールすると「コンテンツの許可」という項目がある。「Webサイト」をタップしよう
デフォルトでは「すべてのWebサイト」になっているので、「指定されたWebサイトのみ」をタップする。とはいえ、デフォルトで指定されているのは主に海外のサイトなので、国内のサイトはほぼ見られないと言っていい

 これでiPhone内にあらかじめ指定されているサイトにしかアクセスできなくなる……のだが、登録されているサイトのほとんどは海外のものであり、デフォルトではほとんど何も見られない。

 そこで、「Webサイトを追加...」をタップして、見せたいWebサイトの名前とURLを入力しよう。

指定していないサイトを見ようとすると、「ブラウズできません」と表示される。そこで、「Webサイトを追加...」をタップして見られるWebサイトを追加する

 ただ、この機能を使うと、当然ながら許可したサイト以外は見られなくなってしまう。Google検索などもできなくなってしまうので、見せたいサイトは一つ一つ登録しなければならないという点には注意してほしい。

追加すれば、そのサイトは見られるようになる。ただし、追加されていないサイトはまったく見られなくなるので、場合によってはそれなりの数のサイトを登録する必要があるかも

このテクを使っている覆面:カリーさん

 お子さんがいるご家庭だと、子供にせがまれてiPhoneのアプリなどで遊ばせる機会は少なくないかも。そういうときに、うっかり変なサイトにアクセスされないためのテクだ。ちなみに大人でも、制限を有効にすることで、iPhoneでぶらぶらネットサーフィンすることを防ぎ、締切間近の厳しい時期に原稿に集中する……といった使い方もできます。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中