このページの本文へ

アプリと連動するデビットカード「Google Wallet Card」

2013年11月21日 05時06分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルはスマホをおサイフやクレジットカード、デビットカードとして利用できる決済サービス「Google Wallet(グーグルウォレット)」を提供している。アプリを使って銀行口座やクレジットカード、デビットカードからグーグルウォレットにチャージをすれば、同アプリやNFCに対応する店舗でスマホのみで支払いすることが可能。スマホではなくパソコン上でもグーグルウォレットのアカウントを取得し、GooglePlayなどのオンライン決済時に利用できる。

 今回、グーグルウォレットから派生したデビットカード「Google Wallet Card(グーグルウォレットカード)」が発表された。これはグーグルウォレットと連動したカードで、マスターカード(MasterCard)と連携。スマホやアプリに対応していない店舗でもMasterCardと提携する店舗での支払いが可能で、銀行ATMでの現金引き出しにも対応する。

 グーグルウォレットカードを使うと、利用内容がスマホに通知される機能を搭載。使用限度額は1日5000ドル。年会費は必要ない。ただし、利用できる対象エリアは現時点で米国のみだ。

 月刊「アスキークラウド」創刊3号(11月号/9月24日発売)では、「10億円ビジネスを作ろう 現金決済 150兆円争奪戦」と題した特集記事で、クレジットカードや電子マネー、デビットカードなどを活用した“脱現金決済サービス”を紹介している。グーグルはグーグルウォレットや今回のグーグルウォレットカードで脱現金化ビジネスを着々と展開している。

グーグルウォレットカードのイメージ

グーグルウォレットカードのイメージ

関連サイト
■Google Commerce公式ブログ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています
■[最新号]アスキークラウド 創刊4号(10月24日発売)
「ゲームの魔力で顧客を夢中に 「没頭」ビジネスの正体」

■[関連号]アスキークラウド 創刊3号(9月24日発売)
「10億円ビジネスを作ろう 現金決済 150兆円争奪戦」

■スマホがあれば顔パスで支払い、ペイパルがキャンペーン
■脱現金化でビジネスチャンス!? スイカやワオンが人気
■クレジットカードなどを複数枚収納したまま使えるケース

カテゴリートップへ

ピックアップ