このページの本文へ

軽量設計とHDD衝撃緩和機構でガンガン持ち出せる!

11.6型で1.5kgのタッチ対応Win8.1ノート「dynabook N514」

2013年11月18日 19時39分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
タッチ操作に対応した11.6型ノートPC「dynabook N514」

 東芝は11月18日、11.6型ノートPC「dynabook N514」を発表した。

 約1.5kg、最薄部13.8mm(最厚部23.5mm)というコンパクトな筐体で、持ち運びのしやすさが特徴。CPUはCeleron N2810(2.00GHz)、メインメモリー容量は4GB(DDR3L-1066)。ストレージには500GB HDDを採用した。HDDへの衝撃を緩和する機構をそなえているという。

 OSはWIndows 8.1の64bit版。タッチ対応のディスプレー(1366×768ドット)を搭載し、タッチによるWindows 8.1の操作が可能だ。また、Office Home and Business 2013を標準でプリインストールする。無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/nに加えて、IEEE 802.11acにも対応している。

 寸法/重量は約幅284.0×奥行き208.6×高さ23.5mm/約1.5kg。11月22日の発売を予定している。

N514の背面。シンプルなデザインを採用した
主なスペック
型番 dynabook N514
CPU Celeron N2810(2.00GHz)
グラフィックス Intel HD Graphics(CPU内蔵)
メモリー 4GB(DDR3L-1066)
ストレージ 500GB HDD
ディスプレー 11.6型(1366×768ドット)タッチパネル
インターフェース mini D-sub端子×1、
USB 3.0端子×1、USB 2.0端子×2、
HDMI出力端子×1
光学式ドライブ
バッテリー駆動時間 約4時間
寸法/重量 約幅284.0×奥行き208.6×高さ23.5mm/約1.5kg
価格
OS WIndows 8.1 64bit

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー