このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

BF4も新生FF XIVもこのビデオカードで快適間違いなし第2回

ASUSのビデオカードは鉄板メーカーならではの高信頼、高耐久

2013年11月19日 12時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2回目は、自作PCパーツの鉄板中の鉄板メーカーASUS製ビデオカードだ。高い信頼性と安定性で定評あるマザーボードでおなじみのデジタル電源回路「DIGI+ VRM」の搭載や、ASUSオリジナル素材を用いた高耐久高品質なコンポーネントの「Super Alloy Power」などを備えることで、オーバークロックや高負荷状態が続くゲーミング中も安定した動作を可能にしている。

 デジタル電源回路と高品質コンポーネントによる長時間ゲーミングの安定動作や、耳障りなコイル鳴きのない動作に加えて、静かで、高冷却なGPUクーラーが備わっているのもASUSビデオカードの魅力。

 名称こそ長らく「DirectCU II」のママだが、静音性や冷却性能の要となるファンやヒートシンクは、代を重ねるごとに着実に進化を遂げており、ハイエンドGPUを搭載する最新モデルの「GTX780-DC2OC-3GD5」(GeForce GTX 780)と、「R9280X-DC2T-3GD5」(Radeon R9 280X)は、従来モデルの「DirectCU II」クーラーから静音性、冷却性能ともに向上。

 とくに「GTX780-DC2OC-3GD5」では、NVIDIAリファレンスデザインクーラーから、30%の冷却性能アップがうたわれている。

ツメで切り裂かれた跡が目を引くASUSビデオカードのパッケージ。採用するDirectCU IIクーラーの形状も確認できる

 リアルな戦場を縦横無尽に駆け巡りたくなる「Battlefield 4」も、時間を忘れてついつい没頭してしまうMMORPG「ファイナルファンタジー XIV: 新生エオルゼア」も、フルHDの高描画で快適に楽しめるハイエンド&ミドルハイGPU。それを搭載した4モデルをチョイス。1回目と同じくGPUクーラーの分解や性能を見ていこう。

ハイブリットファン採用のクーラー
新型「DirectCU II」に注目

 今回取り上げたASUS製ビデオカードは以下の4モデルで、GPUは前回と同じく「GeForce GTX 780」、「GeForce GTX 760」、「Radeon R9 280X」、「Radeon R9 270X」を搭載している。当然ながら、各モデルともオーバークロックが施されている。

GTX780-DC2OC-3GD5

●URL:https://www.asus.com/jp/Graphics_Cards/GTX780DC2OC3GD5/
●実売価格:6万8000円前後

GTX780-DC2OC-3GD5のGPU-Z。ブーストクロックはリファレンスから41MHzアップの941MHz動作にオーバークロックされている。実測のブーストクロックは1032MHzと、さらに91MHzアップだ

GTX760-DC2OC-2GD5

●URL:https://www.asus.com/jp/Graphics_Cards/GTX760DC2OC2GD5/
●実売価格:2万9000円前後

GTX760-DC2OC-2GD5のGPU-Z。ブーストクロックはリファレンスから39MHzアップの1072MHzだが、実測では1162MHzで安定動作した

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中