このページの本文へ

料金も発表

KDDI、「iPad mini Retina」Wi-Fi+Cellular版を11月14日9時に発売

2013年11月13日 14時43分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIおよび沖縄セルラーは、アップルの新型タブレット「iPad mini Retinaディスプレーモデル」を11月14日9時に発売すると発表した。同社のiPad取り扱い店舗およびオンラインショップで販売する。なお、Wi-Fi+Cellularモデルのみの取り扱いとなる。

auの「iPad mini Retinaディスプレーモデル」Wi-Fi+Cellularモデルの利用料金

 LTEに対応するWi-FI+Cellularモデルは、端末料金がストレージ容量によって異なる。例えば、16GBモデルは端末料金が一括で5万5440円で、24回払いの分割金額は2310円。毎月割として、月2310円の割引が24回まで適用され、実質負担額が0円になる。料金は、「LTEフラット for Tab(i)」5985円に「LTEフラット for Tabスタート割」が最大2年間適用され、さらに「LTE NET」の315円が加算されることで月額5775円(端末料別)になる。

 さらに、auスマートバリューに加入した場合、毎月1480円の割引が適用され、月額4295円から利用できる。auのスマホ/iPhoneを利用している場合、「スマホセット割」が適用され、月額4795円から利用できる。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中