このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第151回

「GeForce GTX 780 Ti」はAMDの猛攻を食い止められるか?

2013年11月07日 23時01分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先月から今月にかけて、AMDは「Radeon R9 290X」を筆頭にした新GPUシリーズを展開。特にフラッグシップ級の290/290Xは、実売5万円~7万円台という価格ながら、価格的に格上のGeForce GTX 780やTITANをしのぐ性能を見せた。

 しかし今回のNVIDIAは対応が早い。AMDの初撃が効果的と見るや、素早くカウンターアタックを仕掛けてきた。それが今回テストする「GeForce GTX 780 Ti」(以下、GTX780Ti)だ。しかも価格は699ドルで、日本では8万5800円前後で流通する見込み。

「GeForce GTX 780 Ti」

 13万円の激レアビデオカードGTX TITANはおろか、すでに発売済みのオーバークロック版GTX780よりも安くなるという価格設定だ(ただし10月29日の時点でGTX780は499ドル、GTX770は329ドルに値下げされている)。

 今回はNVIDIAから「GeForce GTX 780 Ti」リファレンスカードをお借りしてベンチの準備をした。それでは早速スペックからチェックしていこう。

カバーの刻印以外はGTX TITAN~780と見分けがつかない。カード長も同じだ

シェーダー数では
290XやGTX TITANを越えた

 以下にGTX780Tiのスペックをまとめてみた。基本アーキテクチャはKeplerベースを継承しているため、GTX TITANを倒した290Xをさらに越えるためには、やれることは限られている。

各ビデオカードの比較表
  GeForce GTX 780 Ti GeForce GTX TITAN GeForce GTX 780 Radeon R9 290X
製造プロセス 28nm 28nm 28nm 28nm
ストリーミング
プロセッサ数
2880基 2688基 2304基 2816基
コアクロック 875MHz 837MHz 863MHz 1GHz
ブーストクロック 928MHz 876MHz 900MHz -
メモリ転送レート(相当) 7008MHz 6008MHz 6008MHz 5000MHz
メモリータイプ GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリーバス幅 384bit 384bit 384bit 512bit
メモリー容量 3GB 6GB 3GB 4GB
TDP 250W 250W 250W 290W
外部電源 8ピン+6ピン 8ピン+6ピン 8ピン+6ピン 8ピン+6ピン

 上の表からわかる通り、GTX780Tiの設計においてNVIDIAが採用した戦略はストリーミングプロセッサー(CUDAコア)の増量と動作クロックの向上。GPUの性能向上においてやるべきことをキッチリとおさえた製品といえるだろう。  Keplerアーキテクチャーの基本構造は192基のストリーミングプロセッサー(以下、SP)で構成されるSMXが最小単位となり、さらにそれを3つまとめて「GPC」としている。

 GTX TITANではGPCは5基だが、うち1つはSMX2基(SMX14基=2633SP)という構成だったが、GTX780Tiでは5基のGPCすべてをSMX3基構成にしたもの。GTX780Tiのメモリーバス幅が384bitのままなのは、GTX TITANの基本設計を流用したから、と考えられる。あるいはあらかじめ確保しておいた“伸びしろ”を使っただけかもしれない。

GPU-Zでのステータス

 また、搭載メモリーは容量をGTX TITANの半分である3GBとするかわりに、データレートを7GHz相当(実クロック1750MHz)に引き上げた。メモリー搭載量の減少は価格を抑えるためだと思われるが、このクラスのGPUを使うハードコアなゲーマーが3GBで満足できるか、というと微妙な感じがする。

 最後にコアクロックだが、GTX TITANよりもベースクロックが高く、またブーストクロックの上昇量も向上した(クロックの動的制御には従来通り“GPU Boost 2.0”が使われている)。今回テストしたリファレンスカードでは、最高1019MHzまで上がったため、GTX780Tiも“冷却命”のGPUであるといえる。

補助電源は8ピン+6ピンである点も共通。ここまでスペックを盛っておきながら、TDPは250Wというのは逆に驚き出力端子はDVI/HDMI/DisplayPortという標準的な構成だ
GTX780Tiの基板。レイアウトはGTX TITAN~780とほぼ変わらない
NVIDIAの資料より。GTX780Tiは290Xよりも熱密度が低く(0.47W/平方mm対0.64W/平方mm)、冷却や静音性の面で有利だとしているGPUに負荷を20分間かけると、290Xの公称クロック(最大1Gz)を維持できる時間は2分もないが、GTX780Tiはブーストクロック(点線)を常時越えて性能が発揮できる、とNVIDIAは示している

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中