このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

自宅のリビングがカフェやホテルのラウンジになる!

音楽が天井から降り注ぐ埋め込み式Bluetoothスピーカー

2013年11月15日 11時00分更新

文● 岡安 学

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アバニアクトの「Bluetooth Player」は空気圧により低音を高めるバス穴を搭載。天井や壁を響かせずに低音を効かせる設計だ

スピーカーを埋めると部屋はこんなに快適!

 今や音楽視聴の中心はDigital Audio Playerやスマートフォン。ヘッドホンで聴くのが中心で、スピーカーの音を部屋でゆっくり聴く機会は減ってきているのではなかろうか?

 アバニアクトの「Bluetooth Player」は、天井埋め込み式のアンプ、スピーカー、レシーバーが一体になったシステムだ。コンポやドッグスピーカーのように設置に場所を取らず、複数の部屋にも設置できるので、家での音楽生活を再始動するには最適なシステムといえよう。

 音楽の再生はスマートフォンやDAPとBluetoothで接続するだけ。一般的なダウンライトと同じ口径の穴に埋め込むことができ、電源もAC100Vを直結すればOK。大掛かりな電気工事の必要もない。

 天井に埋め込むとなると気になるのが、上階への音漏れだ。Bluetooth Playerは、スピーカーコーンにバス穴を設置し、低音を効かせながらも振動を抑えている。つまり、階上には響かず、部屋の隅まで聴こえる音量を確保できている。

 スピーカーはステレオ方式とダイオティック方式(1つのスピーカーでLRを再生)の切替ができ、部屋のどの位置にいても最適な音場で視聴できる。しかも、スピーカーは最大で4つまで増設が可能。リビングだけでなく、各部屋に設置したり、廊下や脱衣場、水回りが気になるキッチンにも設置ができる。

 天井から音楽が降り注ぐ様は、まるでオシャレなカフェや高級ホテルのラウンジを彷彿させる。音楽のある生活で、爽やかな目覚めの朝や優雅な午後のひと息を実現できるのだ。

写真左は制御ユニットを内蔵したBluetooth Player本体(L)、右は対になる専用スピーカー(R)。スピーカーを埋め込む穴の径は、ダウンライトのホルソーとサイズが一緒(直径150mm)。したがって専門業者ではなくても、街の工務店でも十分対応可能だ
アバニアクト「Bluetooth Player」
スピーカー構成 1ウェイ方式、直径70mmフルレンジHifiスピーカー内蔵、専用スピーカーボックス(低音バスレフ構造+音漏れ低減構造)
最大オーディオ出力 1.5W+1.5W(JEITA 1kHz、1%、6Ω)
再生周波数帯域 30Hz~20kHz
Bluetooth規格 Bluetooth Ver3.0+EDR
対応コーディック SBC、AAC
ペアリング台数 同時最大4台まで(リモコン1~4ボタンに対応)
サイズ 直径165mm×高さ98mm(本体、専用スピーカーともに)
質量 本体900g、専用スピーカー600g

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART