このページの本文へ

各種カスタマイズに対応、選べるカラー天板

レッツノートLX3/SX3に、SSD+HDDとハイブリッドHDD搭載モデルを追加

2013年11月06日 14時00分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
レッツノート LX3シリーズ、SSDとHDDを搭載したモデルを追加

 パナソニックは11月6日、モバイルノートパソコン「レッツノート LX3/SX3」シリーズの2013年秋冬新モデルを発表。予約受付を開始した。同社の直販サイト「マイレッツ倶楽部」などで販売される。

 LX3シリーズは、タッチパネル搭載13.3型のノート。レッツノートでは初めて、ストレージにSSDとHDDを同時搭載したモデル「CF-LX3FH3BP」を用意している。OSはWindows 8.1 Pro 64bitを採用。本体カラーはシルバーダイヤモンド1色。価格は30万4500円からで、11月23日に発売する。

 SX3シリーズは12.1型。レッツノート初となるハイブリッドHDD搭載モデル「CF-SX3FECBP/CF-SX3FEDBP」を用意する。1TBの大容量に加え、使用頻度の高いファイルをキャッシュできるフラッシュメモリーを内蔵している点が特徴。OSはWindows 8 Pro 64bitを採用。Windows 7へのダウングレードも可能だ。本体カラーはジェットブラックとシルバーダイヤモンドの2色が選べる。価格は25万4500円からで、11月28日に発売する。

シルバーダイヤモンドモデルはLX3/SX3シリーズ共にラインアップ。写真はSX3シリーズジェットブラックモデルはSX3シリーズのみ

 両モデルとも、CPUやストレージのカスタマイズ、アンチウィルスソフトなど各種ソフトウェアのプリインストールが可能。また、LX3シリーズで4色、SX3シリーズで11色の天板の選択もできる。その他の主なスペックは以下の通り。

主なスペック
製品名 レッツノート LX3 レッツノート SX3
型番 CF-LX3FH3BP CF-SX3FECBP
CF-SX3FEDBP
CPU Core i7-4600U vPro
メモリー 8GB(最大16GB)
ディスプレー 13.3型ワイド液晶(1366×768ドット) 12.1型ワイド液晶(1600×900ドット)
ストレージ SSD 256GB+HDD 500GB 1TB HDD(ハイブリッドHDD)
光学式ドライブ Blu-rayDiscドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 WiMAX、Bluetooth、IEEE 802.11a/b/g/n/acなど
OS Windows 8.1 Pro 64bit Windows 8 Pro 64bit
2013年11月6日:記事掲載時、価格および本体カラーに関する記述に誤りがございました。訂正するとともに、お詫び申し上げます。

カテゴリートップへ

レッツノート 最新ラインナップ