このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第132回

ハープ業界の今を知り、今後を占うHandy Harp

20年前の紙を基に作られたiPadアプリは革命を起こせるか

2013年10月27日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事はグランドハープを再現した「Handy Harp」は誰のために?の続編となります。前編と合わせてご覧ください。

 光田康典率いるプロキオン・スタジオ開発、佐野電磁社長のデチューンが絶賛販売中のiOSアプリ「Handy Harp」。その名の通り、我々一般庶民にとって最も縁遠い楽器、グランドハープのアプリである。だから、ソフトの機能がどんな意図で存在するのか、画面を見ただけでは、まるで意味不明なのであった。

 特に謎なのは、画面の中心に存在するペダル。それで各オクターブの音程を半音ずつ上げ下げして、キーに合ったスケールを作るのだとか。そこは一体どんな構造になっているのか?

 それを確かめるべく、光田さんがゲスト出演された10月12日のCBC「電磁マシマシ」のスタジオにお邪魔し、この日に出演される日本屈指のハープ奏者・朝川朋之さんと、彼のグランドハープの到着を待っていたのだった。

そしてスタジオに到着し、遂にその全貌を表したグランドハープ。金ピカ! 高さは約2メートル。重さは40キロほどあるらしい
Handy Harp App
価格1200円 作者DETUNE Ltd.
バージョン1.0.1 ファイル容量100.6 MB
カテゴリーミュージック 評価(無し)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.1以降

ハープは高い楽器じゃない!?

(ここで奏者の朝川朋之さん登場)

―― 光田さんは、朝川さんとはスタジオでお仕事されているわけですよね?

光田 最近の僕の作品のハープはすべて朝川さんに演奏してもらっています。アニメの「イナズマイレブン」とか、任天堂さんから出ている「新・パルテナの鏡」とかもそうですね。

これが本物のペダル!
もちろん曲の進行に合わせて演奏中にも踏む。その際、いかに音を出さず踏むかにも気を使うそうだが、光田さんいわく「朝川さんはS/Nがいい」。ペダルを踏む音が静かな上に、他の奏者より演奏の音量も大きいからだとか

―― ハープ奏者の方から見て、こういうアプリになっちゃうと、何か安っぽい感じになって嫌だったりしません?

朝川 いや、それはないです。もっとハープが身近になって欲しいと思っているんです。それに楽器の中でハープがそれほど価値のあるものとは思っていないです。値段だってそんなに高くないし。

―― ちなみにこれはおいくらでしょう?

朝川 これは550万円ですけど。

―― あの、一般的に言って高いと思うんですけど。僕の持っている楽器は5万5000円とかそんなもんです。

朝川 でもスタンウェイなんて2000万円くらいするじゃないですか。プロがオーケストラの中で使う楽器としては安いです。バイオリンなんかもっと高いの、ありますよね?

―― ああ、言われてみれば確かに。

朝川 スタジオで500万、600万の楽器を持ってくる人なんてないですよね?

光田 そうですね、大体、皆さん1000万クラスですよね。

と、話をしながら朝川さんはキーを使ってチューニング。演奏前に47本ある弦を全てチューニングするのは大変朝川さん愛用のチューナー「ヤマハTD-1」。ピッチ表示の追従性が適当に甘くて、ハープのチューニングに丁度良いのだとか。すでに製造中止のため、デッドストックがあれば確保を心がけているのだという

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART