このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

この秋冬、オーディオテクニカがヘッドフォンを大量投入!

2013年10月10日 21時53分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 オーディオテクニカが今後投入予定の新製品の発表会を開催した。今回はヘッドフォンの話が中心となった。

「ATH-CHX7」とスマートフォンの操作が可能な「ATH-CHX7iS」。後者は500円程割高となる
「ATH-CHX7」とスマートフォンの操作が可能な「ATH-CHX7iS」。後者は500円程割高となる
独特な形をしたイヤーピースが特徴だ 下位モデルとなる「ATH-CHX5」(予想実売価格3500円前後)
独特な形をしたイヤーピースが特徴だ下位モデルとなる「ATH-CHX5」(予想実売価格3500円前後)

 「SonicFuel」は9月20日に第一弾となる製品が登場したブランドで、ワールドワイドで展開することを意識した製品。今回、その新モデルとして発売される「ATH-CHX7」(予想実売価格6500円前後)は、密閉型とオープンエアー型の両方の着け心地を実現する「ハイブリッドヘッドフォン」。

 独特の形状をしたイヤピースを採用することで、音漏れしないという密閉型の長所とオープン型の開放感を両方実現した。

 ケーブルは平型となっており、さらに細かい溝が入っているため絡まりにくい形状となっている。

アンプ内蔵の「ATH-OX7AMP」
アンプ内蔵の「ATH-OX7AMP」

 「ATH-OX7AMP」(予想実売価格3万円前後)は、アンプ内蔵の密閉ダイナミック型ヘッドフォン。単4電池1本で動作し、アルカリ乾電池使用で約35時間の駆動が可能だ。電源オフの状態でも通常のヘッドフォンとして利用できる。

電源スイッチやボリュームダイヤルなどを搭載 電源は単4電池だ
電源スイッチやボリュームダイヤルなどを搭載電源は単4電池だ
下位モデルとなる「ATH-OX5」(予想実売価格2万円前後)。アンプは内蔵しないが40mmドライバーを搭載する 下位モデルとなる「ATH-OX5」(予想実売価格2万円前後)。アンプは内蔵しないが40mmドライバーを搭載する

 40mmのドライバーを採用。ハウジングの限られたスペースに詰め込むため、アンプはコンパクトでシンプルな回路を開発したという。

BAドライバーを4つ内蔵する「ATH-IM04」。低域用に2つ、中域、高域用にそれぞれ1つのドライバーを用いる
BAドライバーを4つ内蔵する「ATH-IM04」。低域用に2つ、中域、高域用にそれぞれ1つのドライバーを用いる
ドライバーが1つの「ATH-IM01」(左)と3つの「ATH-IM03」(右)。IM04以外はスケルトンハウジングを採用。コードはすべて脱着式だ

 「ATH-IM」シリーズはBA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを採用するヘッドフォン。BAユニット1つの「ATH-IM01」(予想実売価格1万5000円前後)から2つ内蔵の「ATH-IM02」(同2万円前後)、3つ内蔵の「ATH-IM03」(同4万円前後)、4つ内蔵する「ATH-IM04」(同6万円前後)まで、4製品をラインナップする。

 この4ラインアップのBAユニットは特性に応じてすべて異なるものを用いており、トータルで10個のBAユニットを使っているという。

 上記はすべて11月15日発売の製品で、このほかに同社は10月18日と12月13日にも製品を投入する予定だ。上記以外の主な製品を写真で紹介していく。

10月18日発売モデル

8台までの機器とマルチペアリングができるBluetooth 3.0+EDR対応ヘッドフォン「ATH-S700BT」(予想実売価格1万5000円前後)。40mmドライバーを搭載。対応コーデックはSBCのみだ 強磁力の40mmドライバー搭載のポータブルヘッドフォン「ATH-S500」(希望小売価格5040円)。高い密閉性をほこるイヤーパッドが特徴。アルミパーツを採用
8台までの機器とマルチペアリングができるBluetooth 3.0+EDR対応ヘッドフォン「ATH-S700BT」(予想実売価格1万5000円前後)。40mmドライバーを搭載。対応コーデックはSBCのみだ強磁力の40mmドライバー搭載のポータブルヘッドフォン「ATH-S500」(希望小売価格5040円)。高い密閉性をほこるイヤーパッドが特徴。アルミパーツを採用
5色のカラフルなラインナップを用意する「ATH-S300」(希望小売価格3675円)。40mmドライバーを搭載 同じく5色展開の「ATH-S100」(予想実売価格2000円前後)。36mmドライバーを採用。スマホの通話や操作に対応する「ATH-S100iS」もある(同2500円前後)
5色のカラフルなラインナップを用意する「ATH-S300」(希望小売価格3675円)。40mmドライバーを搭載同じく5色展開の「ATH-S100」(予想実売価格2000円前後)。36mmドライバーを採用。スマホの通話や操作に対応する「ATH-S100iS」もある(同2500円前後)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン