このページの本文へ

harman/kardonスピーカーで迫力のプレーを楽しもう!

Win8.1搭載&4K出力対応の17型ゲームノート「dynabook Qosmio T974/97K」

2013年10月16日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
17.3型ゲーミングノートPC「dynabook Qosmio T974/97K」

 東芝は10月16日、直販サイト「東芝ダイレクト」限定モデルの17.3型ゲーミングノートPC「dynabook Qosmio T974/97K」を発表した。

 CPUにCore i7-4200MQ、GPUにはKeplerアーキテクチャーのGeForce GTX 770Mを採用。ディスプレー解像度は1920×1080ドットで、HDMI経由での4K2K映像出力にも対応している。メモリー容量は標準で16GB(8GB×2)。出荷状態で空きスロットが2ヵ所あり、ユーザー側でメモリーを増設すれば、最大32GBまで増やせる。

 キーボードはFPSなどの操作に適した英語配列で、バックライトにより暗部での入力にも対応。そのほか、harman/kardonブランドのスピーカー、1TBと大容量のハイブリッドドライブ(HDD+NAND)など、ゲームを快適に楽しむための工夫を盛り込んだ。また、5GHz帯を利用する新無線LAN規格「IEEE 802.11ac」にも対応している。

 11月下旬に発売。価格は24万円前後になる予定だ。

dynabook Qosmio T974/97K背面
主なスペック
型番 PT97497KBUBW
CPU Core i7-4700MQ(2.40GHz)
グラフィックス GeForce GTX 770M
メモリー 16GB DDR3L-1600
ストレージ 1TB ハイブリッドドライブ
ディスプレー 17.3型(1920×1080ドット)
インターフェース USB 3.0端子×4、
マイク入力端子×1、ヘッドフォン出力端子×1、
HDMI出力端子×1
光学式ドライブ BDXL対応Blu-rayディスクドライブ
OS Windows 8.1 64bit

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー