このページの本文へ

ハイレゾ対応! ケンウッドの小型オーディオ「K」シリーズ

2013年10月10日 14時03分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
手書き風のデザインになった「K」のロゴ
手書き風のデザインになった「K」のロゴ

 JVCケンウッドは、据置型オーディオ4製品を「K」シリーズとして10月中旬から11月上旬にかけて発売すると発表した。

 発売するのはネットワークアンプ「A-K905NT」(希望小売価格9万4500円)、CDチューナーアンプ「A-K805」(同7万8750円)、スピーカー「LS-K901-M」(同3万6750円)、コンパクトHi-Fiシステム「K-735」(予想実売価格7万5000円前後)。

 A-K905NTのみ11月上旬、それ以外は10月中旬の発売となる。

 Kシリーズはケンウッドのコンパクトオーディオシステムとして2004年から発売を開始。以降約10年続いているロングセラーシリーズだ。

ネットワークアンプ「A-K905NT」

「A-K905NT」。背面にネットワーク端子を装備するのが特徴だ

 ハイレゾ対応のネットワークプレーヤー。192kHz/24bitまでのハイレゾ音源とDSDの再生が可能で、100kHzまでの広帯域再生に対応する。

フロントパネルには5mm厚のアルミ素材を採用。これはA-K805も同じだ フロントパネルには5mm厚のアルミ素材を採用。これはA-K805も同じだ
新型のデジタルアンプ回路。「バランスド・デジタル・フィードバック」を搭載

 デジタルアンプは「バランスド・デジタル・フィードバック」という機構を導入。デジタルフィードバックを2系統、アナログフィードバックを1系統備えることで、電源変動などによる音質への影響を抑制。

 また、同社独自の補完技術である「K2テクノロジー」により、CDなどの音源もサンプリング周波数は88.2/96kHzまで 量子化ビット数は24bitまでに拡張でき、よりマスター音源に近い音質で再生できる。

 ネットワーク経由での音楽再生以外にUSBメモリーなどの楽曲の再生も可能。また、IPサイマル放送サービスの「radiko.jp」にも対応する。

CDチューナーアンプ「A-K805」

「A-K805」の前面と背面

 A-K905NTと同じデジタルアンプとK2テクノロジーを搭載するCDプレーヤー。ネットワークインターフェースは非搭載となるが、音楽CD以外にCD-RWやUSBメモリーに保存されたMP3やWMA、AACのファイル再生が可能だ。

スピーカーシステム「LS-K901-M」

「LS-K901-M」 ウーファーとツィーターのユニット
「LS-K901-M」ウーファーとツィーターのユニット

 2Wayバスレフ型スピーカー。12cmのウーファーと2cmのツィーターを搭載し、最大入力は80Wとなる。ウーファーとツィーターは音の到達時間が同時になるように配置する「UDレイアウト」を採用。優れた定位感とつながりのいい音場を実現する。

コンパクトHi-Fiシステム「K-735」

スピーカーが付属する「K-735」
スピーカーが付属する「K-735」。スピーカーは上のLS-K901-Mとは異なる
背面端子部 背面端子部

 スピーカーが付属するCDシステム。A-K905NTやA-K805とは異なるが、左右独立型のデジタルアンプを採用。AM/FMラジオチューナーやiPod/iPhoneの接続も可能なUSB端子を装備する。

このほかにハイレゾ対応のポータブルヘッドフォンアンプを参考展示していた このほかにハイレゾ対応のポータブルヘッドフォンアンプを参考展示していた

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン