このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

なれる!SE 間違いだらけの?IT用語辞典(中二版) ― 第32回

邦楽はダメで洋楽はいいと、中ニ病的に考えちゃいそうな人のためのIT用語

2013年10月10日 18時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 システムエンジニアの過酷な実態をコミカルに描く電撃文庫の異色作『なれる!SE』。本企画は、その主人公&ヒロインである桜坂工兵と室見立華による“中二っぽい”IT用語の解説コーナーだ。


このコーナーはIT用語の中でも特に中二っぽい単語(※)を取り上げ、その意味と語感のギャップをゆるく楽しんでいくものです。


優秀な中二病の少年少女をIT業界にスカウトすべく始まったこの企画。今回もガンガン攻めていくわよ。


やっぱ音楽は洋楽、特にプログレですよねー。


また妙なこと言い出した……。


邦楽の、特にJ-POPなんて全部同じ展開の使い回しじゃないですか。歌詞もコード進行も似たようなものばかりで。その点プログレッシブ・ロック(*1)は違いますよ。豊かな音階、先の読めないメロディ! 奇数拍子とか本当哲学的ですよね。


(ネットで検索しながら)これはあれね……、中二病の一症例。国内のヒット曲を馬鹿にして、好きでもない洋楽をスタイルで聴き始めるパターン。なんてこと……20歳過ぎでこの病気にかかってしまうなんて。精神年齢が低いのかしら。


ヘイヘヘーイ、キングクリームゾーン、クリムゾーン♪ ゾーン♪


クリムゾン(*2)はそんな変な曲作ってないわよ。てか、あんた本当に聴いてるの?


ちゃんと聴きましたよ。1stアルバムを最初の五分くらい。


………。


さて次は何を聴こうかなぁ。あんまり変拍子聞き続けていると疲れてくるから、比較的キャッチーなのを。エイジア(*3)とか。


それもう普通にポップミュージック聴いてればいいじゃない……。大体音楽は好きなバンドや気に入った曲を楽しむものでしょ? ジャンルで聴いている時点でニワカ確定よ


う……鋭いご指摘。まぁ確かに、カテゴリーにこだわりすぎるとよい作品を見逃しますしね。


そうよ。映画とかも、ラブストーリー専門って決めつけていたらドーン・オブ・ザ・デッドもブレインデッドも見れないでしょ。ああ、バタリアンや28日後...にも出会えないわ。人生の半分を損した感じ。


なぜゾンビ映画ばっかり……。いえ、仰ることは分かりますよ? 僕も一時期、面白い小説の条件を勝手に定義してそれで食わず嫌いしていたことありましたから。後程見逃していたジャンルに触れて随分後悔したものです。


ちなみにどんな定義をしてたの?


主人公が最強で、出てくる女の子女の子に惚れられて、追い詰められると隠された力が覚醒しちゃうそんな小説です。


………(こいつ、本当に根っからの中二病ね)


(※)思春期の男の子女の子がぐっとくるようなカッコイイフレーズ、名前。ポーズをつけて叫んだりするとなお可。ただし大人になってから同じ単語に接するとなぜか赤面してしまう不思議。


(*1) 先進的・実験的なロックの総称。定義は非常に曖昧。
(*2) キングクリムゾン。1960年代結成のイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。基本。
(*3) 同じくイギリスのロックバンド。プログレだがPOPという売りで成功。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART