このページの本文へ

ついに来た! 4100万画素の最強カメラスマホ「Lumia 1020」

2013年10月04日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォン最高峰の4100万画素カメラを搭載する、NokiaのWindows Phone 8スマートフォン「Lumia 1020」がアキバ店頭に登場した。イオシス アキバ中央通店にて販売が始まっている。

カメラ機能を極めたスマートフォンを探しているなら要注目。Nokiaのフラッグシップモデル「Lumia 1020」の店頭販売がアキバで始まっている

 今年7月の発表から約3ヵ月、NokiaのWindows Phone 8スマートフォンのフラッグシップがアキバにやってきた。カメラ機能にフォーカスした高性能機で、スマートフォンとしては桁外れな4100万画素のPureViewカメラを搭載する。

 6つの物理レンズを組み合わせたCarl Zeiss光学レンズを搭載。F値は2.2、キセノンフラッシュも備え、光の少ない場所でも明るく綺麗な写真が撮影できる。さらに第2世代の光学手ブレ補正、スマートフォン最大級の裏面照射式イメージセンサーを実装、薄型デザインながら最強のカメラスペックを誇る。

4100万画素という桁外れの画素数を誇るPureViewカメラ。キセノンフラッシュや光学手ブレ補正を備え、コンデジ顔負けの撮影能力を発揮する
レンズ部分こそ盛り上がっているものの、基本は従来のLumiaシリーズらしいスリムデザイン。側面には電源、ボリューム、シャッターボタンを備えるが、外部メモリースロットは非搭載

 液晶サイズは4.5型で、パネルは従来のIPSに替えて解像度768×1280ドット(334ppi)の有機ELディスプレーを採用する。CPUは「Snapdragon S4 1.5GHz」(デュアルコア)で、メモリー2GB、ストレージは32GB。通信機能はBluetooth 3.0、NFC、IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANをサポートする。対応の通信方式はLTE、3G、GSM。

 なお、イオシスでは通常モデル(本体のみ)のホワイトを8万9800円、バッテリー内蔵カメラグリップ同梱版のブラックを9万4800円で販売中。いずれも在庫僅少につき、カメラ命のスマホユーザーは急いだほうがいいだろう。

ブラックモデルはカメラグリップ同梱版。1100mAhのバッテリーを内蔵、カメラさながらのグリップ感で長時間撮影できる

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART