このページの本文へ

ミネベア「COOL LEAF2」

打鍵感を再現した全面フラットキーボードの最新モデル「COOL LEAF2」

2013年10月01日 22時47分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミネベアのまるで鏡のような全面フラットなキーボード「COOL LEAF」。その後継モデル「COOL LEAF2」(型番:CLKB02)の販売が10月1日からスタートした。

ミネベアのまるで鏡のような全面フラットなキーボード「COOL LEAF」の後継モデル「COOL LEAF2」

 この製品は、川崎和男氏(デザインディレクター・大阪大学大学院教授・医学博士)がデザインした全面フラット仕様のキーボード第2弾。静電容量式の全面タッチパネルで構成されるフラットな鏡面デザインはそのままに、新たに打鍵感を再現するフィードバック機能“Touching Feedback”が搭載されたのがポイントだ。
 “Touching Feedback”はスイッチによるON/OFFが可能なほか、入力感も調整可能。従来通り入力音を鳴らすこともできる。また、新たにテンキー部分に高感度タッチパッドを搭載している。

新たに打鍵感を再現するフィードバック機能“Touching Feedback”が搭載されたのがポイント。全面フラットなため、撮影の際の写り込みも激しい

 サイズは392(W)×150(D)×27(H)mmで、重量は750g。接続インターフェースはUSBで、ケーブル長は1.5m。キーピッチは18.5mmで、5キーマルチタッチ(同時押し)に対応する。
 価格は2万6250円。ツクモパソコン本店(完売)やBUY MORE秋葉原本店で販売中だ。

価格は2万6250円と非常に高価。ショップの店頭ではデモも行なっているので触るだけなら無料で試せる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中