このページの本文へ

パナソニック、コンシューマー向けスマホを休止

2013年09月26日 16時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは、同社子会社で携帯電話端末事業を展開していたパナソニック モバイルコミュニケーションズ(PMC)の事業を見直すと発表した。コンシューマー向けのスマートフォン事業は休止。PMCはフィーチャーフォンの生産・販売と既存製品のサポートに特化する。

 PMCが担当していた事業は、同じAVCネットワークス社傘下のパナソニック システムネットワークスに一部移管。フィーチャーフォンの開発のほか、法人向けスマートフォンやタブレットなど新規事業を推進していく予定。

 パナソニックのAndroidスマートフォンは、NTTドコモ/ソフトバンクモバイルからリリースされていたが、参入の遅れもあり、「ELUGA」ブランドの定着で苦戦が続いていた。なお、今回の発表はあくまで“休止”とのことで、法人市場向け端末などを通じて、調査・開発は継続されていく予定としており、環境次第という前提はつくものの今後の可能性について、含みを残している。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART